なぜ、こうも地方のビジホ泊は俺心を沸かせるのか?【大阪 泉佐野駅の場合】

2014年8月22日
カテゴリー 旅行

ビジネスホテルのチェックインカウンター

知らない街でのビジネスホテル泊には男のロマンが溢れてる。

どうせ寝るだけだからとできるだけ安い宿を取り、浮いたお金で飲み屋をハシゴする。ぐるなびや食べログは頼らない。どこでも見かけるチェーン店を避け、馴染みの客ばかりで埋まってそうな路地裏にひそむ店だけを狙うのがいい。

暖簾をくぐるのには勇気がいるけれど、カウンターに着きさえすれば、あとは勝手に事が進む。いつもアタリの店ばかりとは限らないが、ハズレに悔やむこともない。男の地方遠征に勝ち負けはないのだと思う。

泉佐野駅!

泉佐野 駅前

というわけで今回は泉佐野駅にやってきました。南海電鉄ラインで関西国際空港の二つ手前にある駅です。翌日の早朝に関空からのフライトがあったための宿泊でした。

日が暮れる前に到着。飲むには少し早かったので、軽く街を物色してみることにしました。

少し歩けばこの感じ

泉佐野駅を少し歩けば

駅前でさえ、ほんの少し歩けば昭和臭が漂う路地にぶつかります。もうすでに楽しくなってます。

懐かしさ漂う喫茶店

駅近くの喫茶店

歩いてる途中にちらほらと見かけました。

年季の入った食品サンプルケース

年季の入った食品サンプルケース

カツカレーがやたらうまそう。鉄板にのっかるミートソースにも誘惑されます。

世界初!を発見

世界初 ウォーターストレート

なんと世界初を誇る美容室をこの泉佐野の地に見つけました。

ウォーターストレートの実態も気になりますが、「ツー(II)」なのに世界初とはこれいかに?

さらに歩いてみます。地元民には当たり前の風景にあえて目を付けていくのが醍醐味です。

シャッター通り?

平日 シャッター通りと化した商店街

平日なのにこの感じは地方によくある風景ですが、たまたま商店街全体のお休みに出くわしただけなのかもしれません。

あまり遠くへ行くのもアレなので、この辺で引き返すことにしました。今度は駅の逆側へ向かいます。

駅の逆側

泉佐野 駅前

お! ビルの合間に今晩泊まるビジネスホテルが覗いています。何気に振り返ると観光案内所的な施設がありました。

泉佐野市観光情報センター

泉佐野観光案内所

どうやらタオルが名産品のようです。他にも自慢の地酒や工芸品がガラス越しに飾ってあります。その中でもひときわ目を引いたのが、輪ゴム。

これ

泉佐野観光案内所

正式名称をオーバンド。事務用品の鉄板は泉佐野が誇る製品のひとつでした。小学生の頃、この輪ゴムと割り箸でよくゴム鉄砲を作って遊びました。懐かしい思い出と泉佐野で再会です。

それでは、ホテルに向かうとしましょう。

路地の奥に看板

おくの耳鼻科

近くに寄ると

おくの耳鼻科接近

さすが大阪です。シャレが効いてますね。路地の奥にある『おくの耳鼻咽喉科』ですから。

こっち側にも商店街があり、シャッターが目立ちましたが、いくつか開いてる店がありました。

早川レコード

ビクターレコード

かなりの演歌推しです。

おもちゃの国 FUJITA

おもちゃの国 ふじた

祝い事の日には、孫に手を引かれ駆け込むおじいちゃんの姿があるのでしょう。

ホテルに到着

泉佐野 ファーストホテル

思っていたよりずっと近代的なホテルでした。フロントの対応はほど良く、お風呂・洗顔系のアメニティも無料で全部揃います。予約制の関空送迎は非常に便利でした。

ベッドと浴衣

ベッドと浴衣

変えたばかりの冷たいシーツが気持ちいいんですよね。浴衣を着て、すぐにでもまとわりつきたい気持ちをおさえ、少し仕事をしました。

そして辺りがじゅうぶん暗くなった頃に夜の徘徊へ繰り出します。

路地裏にぶら下がる提灯

路地裏の提灯

早速、発見しました。街の情報がまったくないので、なんとなくの嗅覚だけを頼りに歩き、こんなビンテージ感が滲みだしているお店を探します。

大衆居酒屋 野田屋

大衆居酒屋 野田

ここもいい感じでした。

透明なガラス窓なので店内の様子がうかがえます。照明が明るく一人飲みの客も多いので、入りやすそうな雰囲気でした。

酒処 でご

でご 店前

ついに今晩の一軒目に相応しい雰囲気を醸す店に出会います。

何より名前が良いです。

でご!

でご 看板

この街を生きてきた親父がやっていそうです。中の様子が見えないので、怖じけづきそうになりますが、気持ちを奮い立たせて扉を開きます。

おかえり!

意外にも、かけられた第一声がこれですよ。他所者にとってこれほど響く言葉がありますか。

店内は平日だからかカウンターが少し埋まっているくらいでしたが、馴染みのお客さんばかりのようでした。かといって、新参者の僕にも気を配ってくれているのが分かり、嫌な疎外感はまったく感じませんでした。

そして何よりそこは大阪ですから、漫才の掛け合いのような会話の中に身を浸しているだけで愉快な気分になります。実際に何度も声をあげて笑っちゃったよ。

本当はもうちょっと長居したかったけれど、翌日の朝が早いのと、あと二、三軒をハシゴしたかったのでおいとまさせていただくことに。

ただ、この時点で既にけっこう酔っ払っていたので、その後の写真撮影は完全放棄。最後のお店で〆に食べたお茶漬けの写真だけが残ってました。

本日の〆 明太子のお茶漬け

明太子のお茶漬け

記憶はほとんどないですが、楽しんだ気持ちだけはちゃんと心に残ってます。

以上!

泉佐野民が知る事実と異なる他所者の妄想、勘違いが入っていたかもしれませんが、悪しからず。

ほな、ごゆるりと〜

こちらもcheck!便利な旅行グッズを特集してます

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top