無料で音楽聴き放題!「19box.ch」と「19box.me」という瓜二つの名前を持つwebサービスが熱い!

2013年6月12日
カテゴリー SNS ツール

ジュークボックス

過去に流行った「ジュークボックス」ってご存知ですか?

レストランやホテルなどに設置された自動販売機みたいな形の機械で、中にレコードが仕込んであります。コインを入れて選曲すると音楽が流れる仕組みになっていて、日本では1970年代に全盛を迎えたあと、CDやカラオケの普及とともに徐々に廃れていきました。

それからしばらく経ったいま、新たな形のジュークボックスとして二つのWebサービスがネット上で話題です。

二つの「19box(=ジュークボックス)」

19box.chと19box.me

「19box.ch」と「19box.me」は、どちらもジュークボックスを模したWebサービスで、名前を見ると、二つとも語呂よく「ジュークボックス(=19box)」を由来に名付けられていることがわかります。

実は、この二つのサービスは、名前だけでなく、提供するサービスの中身も似ているそうです。

「Youtubeの動画を利用して、ユーザーが無料で音楽を聴きまくれる」

これが双方のサービスとのことですが、名前がダダかぶりした上でのことですから、互いに比較されるのはもう避けられません。

果たして、どっちが優れたジュークボックスなのか? 以下にレビューが続きます。

19box.ch

19box.ch

19box.chは、つい先日開始されたばかりの、できたてホヤホヤのサービスです。

具体的にどんなサービスを提供しているかというと、

Youtube上の音楽動画からユーザーが好みのテーマに基づいて、複数の音楽動画をプレイリストとして自由にまとめることができます。プレイリストを作成する際、曲名やアーチスト名はもちろん、「R&B」・「アニメ」などのジャンル、FMラジオの放送リストからの検索機能を使い、目的の音楽動画を簡単に見つけることができます。
プレイリストはサイト上でいつでも視聴できます。また、Facebookやtwitterで友達と共有することで、音楽動画を通じたコミュニケーションを楽しむことができます。
(→プレスリリースから引用)

なるほど。

今は、まだ始まったばかりなので、ユーザーが少なく初々しさが漂っていますが、実際に登録してみて使ってみると、確かにお目当ての動画を見つけやすく、まとめるのも簡単でした。

自分のためだけでなく、公開してファンを募れるところもユーザーの容認欲求をくすぐります。自分がまとめた音楽をきっかけに仲間を増やしていけるSNSの要素もあります。

実際に使ってみた感じ

1.まずはプレイリストにタイトルを付けて、
タイトルはスパイクジョーンズ
2.動画をキーワードで検索!
検索
3.たくさんの動画がヒットします
動画を選択
これらの動画から好きなのを選んでプレイリストに追加します。
4.完了!
これだけでOK。簡単でした!

→19box.ch

19box.me

19box.me

さて、一方の「19box.me」はどんなサービスを提供しているのでしょう。実際のサイトから引用しました。

あなたが普段よく聴くアーティストを入力すると、それに近い、テイストの似ているアーティスト達の音楽を自動で流し続けるサービスです。
ラジオのように流し続けてBGMにしたり、今まで知らなかった素晴らしいアーティストや曲に出会えるかもしれません。

こちらもなるほど。

「19box.ch」は自分で動画を選ぶ必要がありましたが、「19box.me」の場合は、動画を選んでくれるのですね。言い換えれば、僕の好みに合わせてDJしてくれるってわけですか。これまた良さげなサービスです。ってことで使ってみました。

こちらも操作は簡単

1.アーティスト名を入れれば
aphextwin
2.選曲して次々に音楽をかけてくれます!
aphextwinニ関連する楽曲をプレイ

見た目もCD盤にジャケットを映し出したりと工夫があり、ホントにDJしてくれているようで楽しいです。

選曲のセンスもよく、lastfmのapi(提供プログラム)を利用して関連楽曲を見つけているみたいですね。

好みのテイストの曲が延々と流れるのは、かなりいい感じで、仕事中など音楽を垂れ流していたいときにバッチリです。新しいアーティストや曲の発掘にも使えますね。

→19box.me

まとめ

このように、確かに名前は瓜二つでも、実際の中身は似て非なる別物のサービスだったのです。

どちらもユーザーの目的に応じて使い分けられる、素晴らしいジュークボックスですね。これからどっぷりと使わせていただきます。

こちらもcheck!ついに再開!ウェブさえのHP作成サービスはこちら

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top