ブログの更新は何時が良い?Googleアナリティクスでリアルに調べてPVアップへ役立てる方法

2015年6月12日
カテゴリー SEO ウェブ分析

ブログのアクセスは何時が多い?Googleアナリティクスで調べてアクセスアップへ役立てよう

ひょんなことから、このブログの時間ごとのアクセスを調べることになりまして。その方法を知らない人もいるかと思い、おすそわけすることにしました。

どの時間のアクセスが一番多いかを知れば、ブログの更新時間を考えるのに役立ちます。一番多い時間帯を狙えば、最多数に読まれる可能性を期待できます。願わくば、拡散の火もつけたい。

応用すれば、アフィリサイトやブログにおける、コンバージョンが多い時間帯や曜日なども調べられます。知っておいて損はないはず!

利用するのはGoogleアナリティクスの二つの機能。

  • カスタムレポート
  • アドバンス フィルタ

この二つ、使ったことありますか?

ぼーっとGoogleアナリティクスを眺めてるだけでも、アクセスの傾向は掴めます。そこにこのちょっとクロウトっぽい二つのテクニックを加えてみましょう。ブログの人気をもっといろいろな角度から分析できるようになりますよ。

ひょんなこと?

リアルタイムで26人

昨晩のことです。これは、スマホアプリで見たブログのリアルタイム解析です。いまこの瞬間、どのページに何人アクセスしているのかがわかります。

「26人」って出てますね。これくらいの人数なら、それほど珍しいことでもないんですが、アクセスしてる先がとってもおかしい。

このページです。

平常なら一日のアクセスがその程度(20~30)です。リアルタイムに26人。この一瞬で一日の総PVを超えています。珍事です。

驚きのあまりボソッ。

どうやら予想はあたったようで、調べてみたらこの番組が原因でした。

世界の日本人妻は見た

爆笑問題のお二人がMCで、海外で暮らす日本人妻の生活の様子をおもしろおかしくレポートする番組です。

今回のこの日はマレーシアに住む日本人妻を訪れます。ある場面で「ホワイトカレーヌードル」が出てきます。こんな感じで。

ペナンホワイトカレーヌードル

その後、出演者たちが「からい、うまい」わいわいしながら食します。ズズーッと麺をすすり、ズズーッとスープを飲む。

番組を見ている人はもちろん食べてみたくなりますよね。たくさんの視聴者が検索したのでしょう。前出の記事は「ホワイトカレーヌードル」で検索一位ですから、あんなふうにアクセスが殺到したのですね。

そう、これが今回のきっかけになったひょんなこと。

あくる日、「テレビ番組がブログのアクセスにどう影響したのか?」 時間軸に沿って調べてみました。Googleアナリティクスの出番です。

ディメンションと指標

ディメンションと指標の違い

まずは、Googleアナリティクスを深く使いこなすために覚えておきたい用語二つから説明したいと思います。「ディメンション」と「指標」です。

Googleアナリティクスは、「AごとのBを知りたい」ってときに使うツールです。例えば、「ページごとのアクセスを知りたい」や、「新規ユーザーごとの直帰率を知りたい」みたいな感じ。

この「Aごとの」のAにあたるのが「ディメンション」、「Bを知りたい」のBにあたるのが「指標」です。メモメモ。

試しに、「ページごとのアクセスを知りたい」場合にあてはめると、「A=ディメンション=ページ」で、「B=指標=アクセス」ですね。

ややこしい?

じゃあ図で。

ディメンションと指標の違い

こういうことです。

それでは今回の調査。「記事の時間ごとのアクセスを知りたい」です。やってみましょう。ディメンションは「記事の時間」、指標は「アクセス」でカスタムレポートを作成します。図にするとこんな感じ。

ホワイトカレーヌードル記事の時間ごとのアクセスを知りたい

カスタムレポート?

カスタムレポートは、「自分好みのレポート」という意味です。レポートはGoogleアナリティクスで見られる解析結果のこと。

カスタムレポートを利用すれば、自由に「指標」と「ディメンション」を組み合わせ、レポートを作成できます。組み合わせる条件を変えることで、いつもよりもっと絞り込んだレポートを見られます。

言葉で理解するのは難しいので、じっさいに体験してみましょう。

新しいカスタムレポートを作成するには「カスタム > +新しいカスタムレポート」。

カスタムレポート設定

レポートの内容を詳しく設定する画面です。こんなふうに設定しました。

カスタムセットアップ

各項目を見ていきます。レポートのタイトルと、これから調べる内容に名前をつけます。あとで見て、なんのレポートかわかれば良し。適当に入力します。

タイトルと名前

絞り込むためのディメンションと指標を設定します。まずは指標から。「AごとのBを知りたい」のBですね。

指標

「記事の時間ごとのアクセスを知りたい」ので「アクセス」が指標です。

Googleアナリティクスの中では、アクセスは「セッション」という言葉に置き換えられます。「指標を追加 > セッション」を選択。検索ボックスにセッションと打ち込めむと、すぐに見つかりますよ。

厳密にいうと、セッションはサイトへアクセスし離脱するまでをひとつの単位として表した数字です。数え方にも細かなルールがあるのですが、今回は初心者向けということで割愛します。詳しく知りたい人は公式マニュアルをみるか下記のような記事で理解を深めませう。

お次は「ディメンション」です。「AごとのBを知りたい」のAですね。

ディメンションを追加

「記事の時間ごとのアクセスを知りたい」ので、ディメンションは「記事の時間」です。指標のときと同じように、「ディメンションを追加 > 時」と「ディメンションを追加 > ページ タイトル」を設定します。

複数のディメンションを選んだ場合、ドラッグして優先順位を入れ替えられます。今回は、時間軸で変化するアクセスの推移をグラフで表したいので「時間」を上にしてます。そうすることによって、こんなグラフをレポートで表示できます。

時間軸の推移

時間に沿ってアクセス(セッション)の増減を把握できます。

ではもう一度、入力した内容をまとめてみます。

タイトル ペナンホワイトカレーヌードル時間別
名前 時間別セッション
指標 セッション
ディメンション
ページタイトル

レポートを見るために保存しまーす。

保存

はい、この通り。時間ごとのアクセスの推移や数をレポートで表示できました!

カスタムレポート

しかし、じつはこれではまだ不十分なんです。

このレポートには「ホワイトカレー以外の記事のセッション」も含まれています。「セカンダリ ディメンション」をクリックして、「ページ タイトル」を選んでみましょう。

セカンダリ ディメンションを選ぶ

新たに欄が増え、ずらりと時間ごとにページタイトルが並びました。見てみると、余計なタイトルがたくさん。「アドバンス フィルタ」で取り除きましょう。

ノイズ

アドバンス フィルタ?

フィルタは、「取り除く」という意味です。細かく条件を決めて、余計なデータをレポートから取り除くことができる「アドバンス フィルタ」という機能があります。

「アドバンス」をクリックすると、フィルタする条件を決められます。今回は「ホワイトカレー」に一致するページタイトルだけを表示したいので、こんなふうに入力しました。

ページタイトルでフィルター

ページタイトルで「ホワイトカレー」に一致する記録だけに絞り込む、という設定です。

ドン!

フィルター後の結果

見事に、ホワイトカレーヌードルの記事だけが並びました。20時、めっちゃ多い。

グラフもそうなってます。

トレンド 時間

ピークは20時。テレビ番組でホワイトカレーが取り上げられた時間と一致してますね。その瞬間だけアクセスが殺到し、その後すぐ沈静化。テレビの影響は熱しやすく冷めやすいみたいですねー。

では、もう一度いままでのおさらい。「あるページの時間ごとのアクセス」は次の流れで知ることができます。

  • 1. カスタムレポートで、ディメンションに「時間とページタイトル」、指標に「セッション」を設定
  • 2. アドバンスフィルタで「特定のページタイトルに一致する記録」だけに絞り込む

長々と書いてきましたが、必要なのは実にこの2ステップだけです。

カスタムレポートを設定する時、指標やディメンションを変えることで、他にもたくさん面白いレポートを得られます。考え方の基本は「AごとにBを知りたい」です。いろいろとやってみてください。

それで、もうちょっとクロウトっぽい解析を試したくなったら、以下のバブルチャートなんておすすめです。

余談1

じつは時間ごとのセッションの推移はもっと簡単に調べられます。

「ユーザー > サマリー」の画面で時間別をクリックするとこの通り。

ユーザー > 時間

ブログ全体における時間ごとのアクセスの変化は、これでも十分つかめます。でも、タイトルや検索ワードなど「ディメンション」で詳しくデータを絞り込めまないので、今回のようなカスタムレポートの方法を知っておくと便利です。

余談2

アマゾンランキング

テレビの影響で急に需要が高まったホワイトカレーヌードル。アマゾンでも人気が急上昇。

ボクもリアルタイムにアマゾンのアフィリエイトリンクを貼ろうとしました。でも、値段を見てびっくり。これ番組直後に販売が始まった商品なんですよねー。

現地じゃ100円もしなかったような… あまりにあまりだったので、リンク貼るのは自粛しました。

ついに再開!ウェブさえのHP作成サービスはこちら

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top