【週20時間 時給1100円〜】在宅ウェブデザイナーのアルバイトを募集します!

2017年2月28日
カテゴリー フリーランスの生活・仕事術

【週20時間 時給1100円〜】在宅ウェブデザイナーのアルバイトを募集します!

週20時間を最大に在宅・リモートでアルバイトしたいウェブデザインの得意なフリーランスさんはいませんか?

時給は、試用期間中が1100円で、その後はスキルと実績によって3000円くらいを上限に決まります。昇給のチャンスが3ヶ月ごとにあります。

仕事内容

  • HTML/CSSコーディング
  • Photoshopを使ってウェブデザイン・バナー作成・画像編集
  • WordPress 設定・カスタマイズ
  • ドメイン・レンタルサーバーの設定
  • jQueryでのプラグイン実装
  • ブログ記事ライティング
  • ワイヤーフレーム作成
  • ウェブサイト企画書作成

手伝っていただく仕事の種類としてはこのような感じです。ウェブサイト制作に必要な作業全般が範囲です。

週20時間という縛りもあるので、「丸ごと1個ウェブサイトを作ってちょうだい」というより、作業を分けて「今日はこれ、終わったらあれをしておいて」と次々と中身を変えて担当していただくことになります。

クリエイティブなお仕事ばかりではなく、地味ぃ〜な作業も多いです。「ノートに書きなぐった下書き段階のワイヤーフレームを清書」や「WordPressで画像を貼り付ける時の操作マニュアル作成」、また「ひたすら画像をリサイズ」といった、あまり面白みを感じられない単純作業的な内容の仕事も少なくないことを先にお伝えしておきます。

端から見れば小さく地味な仕事でも、それが積み重なることでひとつのウェブサイトが完成します。目の前の仕事に優劣をつけず、どんな小さな作業でも前向きに取り組んでいただける方であれば嬉しいです。

必要なスキル

  • 1. 自力での答え探し
  • 2. セキュリティの意識
  • 3. 責任感

制作物のクオリティに直結するスキルをすでに充分お持ちであれば、それに越したことはありませんが、正直なところ技術的なうんぬんよりも、在宅やリモートで働いていいただく場合において、最も重要なのはこの3つだと考えています。

1. 在宅ワーカーにはすぐそばに頼れる先輩の存在がありませんよね。わからないことは自力で調べて解決しなくちゃいけません。

もちろん作業を担当してもらうときには、適切な指示を送りたいと思っていますし、能力のはるか彼方を超える仕事を頼むつもりもないのですが、担当者のスキルを信じて「これやっといて」的なお願いの仕方になることがあるのも事実です。

なので、自分のスキルの2割増(多い?)くらいのハードルなら、楽しんで挑戦してやろうという意気込みのある方であればありがたいです。

2&3. 在宅・リモートワーカーの旨味は、なんといっても働く時間と場所が自由なところにあります。ただ、その旨味を味わうためには、セキュリティと秘密保持に対しての意識の高さが絶対的に求められます。

設定された納期に対しては必ず守り抜くという責任感も欲しいですね。責任感は自己管理能力と対になることで最大の効果を発揮します。いつでも仕事を最優先にしてほしいとは思ってません。うまく自分の生活をコントロールして、週20時間を効率よく扱えるような働き方をしてほしいです。

1は自身の技術力を向上させ、2と3は仕事で関係する人々から信頼を得るため必須の能力です。これら3つを常に意識していたからこそ、ボク自身なんとかフリーランスとして生きてこれたと思っています。制作スキルについて今はまだ未熟でも、先にこれらの3つを備えることができれば、フリーランスとしての生涯賃金は増すはずです。

そして、欲を言えば、一見さんというより、少しでもこのブログの存在を知っていて、なんとなくでもボクのこのブログで綴っている働き方に共感を得ている方からの応募をお待ちしています。

今回の募集を機会に、できれば長期的にお付き合いできる方を見つけたいなあと考えています。いまはまだ会社を設立したばかりということもあり、どうしても副業的な雇用待遇しか与えられませんが、人材を確保できた暁には、業務拡大、案件も増やし、専業として働いていただくのにじゅうぶんなお給料を払えるようになりたいと思っています。

給料

時給は1100円〜です。スキルと実績によって、この雇用形態では最大3000円くらいまでを考えてます。

選考方法

メールで必要書類を送ってください。

最初の選考はポートフォリオを優先します。スキルを判断できる過去の制作物を送ってください。その際、制作物のどの部分を担当したのか、工夫したことや狙いも一緒に言葉で説明していただけると助かります。感覚だけを頼ったデザイナー気質の激しい方よりも、クライアントさんへきちんとわかりやすく意図を伝えられるデザイナーさんのほうが、ボクの受ける案件に合っているからです。

ポートフォリオが気になった方には、最初のお仕事の連絡をします。それから80時間を最大に選考期間としてお仕事を実際に担当してもらいます。もちろん選考期間中も時給は発生しますので、精一杯お仕事に取り組んでください。

選考期間の完了時期に、期間中の作業クオリティとスピードによって、継続していただくかどうかを決定しお伝えします。選考期間後の時給も期間中のお仕事の質と速さで決めさせていただきます。

採用後の昇給は240時間ごとに相談して決めたいと思います。

この仕事のデメリット

働く時間と場所の自由さが大きなメリットですが、実際にはパートワーカーという雇用体系に、雇用される側にとっての不安のタネがありますよね。

先に書いたとおり、正規雇用できるくらい業務を拡大したいという気持ちはあります。実際に今のところ、手に余るくらいの案件をいただいているので、見通しは明るいかなあとかなり前向きに感じています。でも、このご時世、どのタイミングでどうなるかがわからないのも事実です。

いま順調な業績も傾き始めれば、最初にカットすべきは人件費です。そのとき真っ先に狙われるのはパートワーカーであることは、雇用する側として認めておかなければいけません。なので、週にしっかり20時間を約束していただければ、もちろん並行して他経由の案件に取り組んでいただいて構いません。

クラウドワークスを収入源にしているフリーランスの方も多いと思いますが、受注できる案件の数に波があり安定した収入を得られていないことに不安感を覚える方も多いでしょう。

そういう方にとっては、ひとまず週給として「1100円 x 20時間 =22,000円」、月給なら約8-9万円くらいにはなるでしょうか、これだけでもしばらく安定した収入源があるということで、日々を過ごす安心感は少し変わってくると思います。

この仕事が向いている人

病気や育児などを理由にできれば家で仕事をしたいなあという人。過去に制作会社での実務経験があれば、逆にこっちが教わることも多いかもしれません。ボクは勤務経験がないので、いろいろと他社の中の様子をうかがいたいです。

扶養内で働きたいという人もまずはご相談ください。

制作スキルに自信はあるけど、営業ベタで仕事が少ないって人にも利用していただきたいです。仕事ふります。存分に実力を発揮してください!

地方・海外在住あるいは旅行中のウェブデザイナーさん。ボクも常に移動してます。移動先で会うことになるかもしれませんね。お酒、飲みにいきましょう。お酒が無理ならコーヒーでも紅茶でもOKです。

物理的に離れた場所で働くことになり、やり取りの多くはこの画面を通してのことになりますが、互いにリスペクトを忘れず、人間的にも良好な関係を築いていくことができれば最高です。

募集要項一覧

業務内容: ウェブサイト制作業務 全般

必要書類: 履歴書、志望動機、ポートフォリオ。ネットでの活動場所(SNSやブログ)がある場合はURLも。添付資料が多い場合はファイル送信サービスのような方法でお願いします。

雇用形態: アルバイト

勤務地: リモート

勤務時間: 週20時間

給与: 試用期間中は時給1100円以上。そのあと、スキルと実績にあわせて3000円くらいまで。

応募方法: 件名にアルバイト応募と明記し、必要書類を添付の上、下記のメールアドレス宛にお送りください。

info@websae.net

大変恐れ入りますが、応募書類は一切返却いたしません。あらかじめご了承ください。
個人情報の取扱いはこちらをご確認ください。

応募期間の終了時期は未定です。不採用の場合も連絡します。選考期間が長引くこともあります。応募後3週間くらいはこちらからの返信をお待ちいただければありがたいです。

こちらもcheck!在宅ウェブデザイナーのアルバイトさんを募集中です

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top