WordPress 子テーマにおける『style.css』の記述方法

2014年7月19日
カテゴリー WordPress

WordPress 子テーマにおけるstyle.cssの記述法

ググればすぐに出てくるんだけど、頻繁に使うので自分用としてコピペ可メモ。

軽く『子テーマとは?』

WordPressの子テーマは、テーマのアップデートによる影響を受けずに、サイトのデザインや機能を自分好みにカスタマイズしていける方法です。

時が経っても全然アップデートされないテーマを使っている場合は、子テーマによるメリットはあまりありませんが、積極的に新機能を追加しバージョンアップされているテーマを使うときは、子テーマを用意した方が安全かつ便利です。

では、記述方法

子テーマは少なくともstyle.cssがあれば成り立ちます。これが、その基本的な記述ルール。

/*
Theme Name: kid ←子テーマの名前(必須)
Theme URI:  http://websae.net ←テーマのサイト(任意)
Description: websaeの子テーマ ←テーマの説明(任意)
Author: websae ←テーマ制作者の名前(任意)
Author URI: http: //websae.net/info/ ←テーマ制作者のサイトorページ(任意)
Template: Oya ←親テーマのディレクトリ名(必須)大文字小文字を区別するので注意!
Version: 1.2.3 ←バージョンを表す数字(任意) 
*/

最小限の書き方

任意を記述せずに、これだけでも動きます。上書きしたいCSSファイルを指定し、その下からスタイルを書いていきます。

/*
Theme Name: kid
Template: Oya
*/

@import url('../Oya/style.css'); /*上書きしたいCSSの場所*/

/*ここから上書きしたいスタイルを記述*/

body {
	font-size: 999px;
}

以上!

子テーマを利用すれば、積み重ねたカスタマイズをアップデートの度に白紙に戻される悲劇を防げます。より詳しくは、公式ページを見るといいかも!

こちらもcheck!ついに再開!ウェブさえのHP作成サービスはこちら

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top