ZOZOにお店が出せる&手作りアーティストがフリマ感覚でネットショップを出店できる方法

2015年7月14日
カテゴリー ネットショップ作成

ハンドメイド商品

ちょっと驚き!あのZOZOに簡単にお店を出せるサービスが始まりました。

趣味でアクセサリーやオリジナルブランドの洋服を手作りしている人ってけっこういますよね。

僕のまわりにも何人かいて、ハンドメイドの商品をブログで紹介したりしている人もいるのですが、やっぱりなかなか売れず、そうかといって、ネットショップをかまえるほど本気で取り組んでいこうと思っているわけでもないんだよなー。

って感じで、要は、少なくてもいいので自分が手作りしたもので喜んでくれる人がいればいいなあ、くらいなのです。

それで、今回は、そんな感じのユルめなクリエイターさんへおすすめのサービスをZOZO含めいくつかご紹介します。

目次

1. ZOZO + Stores.jp

zozoにあなたのお店を出しませんか

ZOZOからこんなメールが届いてました。

『ZOZOにあなたのお店をだしませんか』

ZOZOは、オシャレにちょっとでも興味がある人なら一度は使ったことのあるサイトでしょう。

会員数は6万人を越え、毎月2億8,000万回ページが表示されている超人気サイトで、今、旬のブランドやセレクトショップの商品がよりどりみどり。

なんとそのブランド&セレクトショップに仲間入りして出店できるという知らせですから、自分ブランドを持つ人にとってビッグなニュースに違いありません。

で、どうすれば出店できるのかというと、一応審査はあるようですが、それにいたるまではとっても簡単。『Stores.jp』というネットショップ作成サービスへ登録して売りたい商品を決めるだけです。

stores.jpの登録画面

Store.jpは、最短2分でネットショップを開店できるサービスなのですが、その2分の途中で、下の画像のように、ZOZOにお店を出すための設定をオンにするだけのようです。簡単ですね。

ZOZOへお店へ出す流れ

Store.jpへの登録は商品が5つまでなら初期も月額料金も無料です。ただ、商品が売れたときは販売手数料10%が商品代金より差し引かれるようですので、このお金をキッチリ計算に入れて売り値を決めましょう。

STORES.jp|オンラインストア/ネットショップを2分で無料開業
ZOZOにあなたのお店を出しませんか? – ZOZOMARKET

2. ハンドメイド、手作り作品の通販・販売 minne(ミンネ)

minneの登録画面

実は、このサイトの大ファンなんです。

個性的なセンスがキラリどころか眩しすぎるほど光っているアイテムの宝庫で、見ているだけでも楽しめます。

登録すればだれでもオリジナルのアイテムをネットで販売でき、販売に関わるお金のやりとりはサイトの方で全部やってくれる、っていうこところも良し、安心です。

作家一人一人に与えられるプロフィールのページでは、作品を一覧で展示できたり、いままで作品を買ってくれたファンと交流できたり、SNS的な楽しみも味わえるので、さらにいっそう創作意欲がかき立てられることでしょう。

ハンドメイド、手作り作品の通販・販売 minne(ミンネ)

3. Zazzle

zazzleの登録画面

zazzleは、自分だけのオリジナルグッズを作って販売できるサイトです。

作れるグッズの種類はたくさん。Tシャツやバッグなどアパレル製品は勢揃い。ギークにおすすめな、iPhoneやiPadのケース。面白いのは、「赤ちゃんのおしゃぶり」なんていうのもあり、販売だけでなく自分用やプレゼントとして作ってみてもいいですね。

Zazzle オリジナル Tシャツ、パーソナライズドギフト、ポスター、アートなど

4. BASE

baseの登録画面

BASEは先に挙げた『Stores.jp』とまったく同じ感覚でネットショップを簡単に作成できるサービスです。

利用は無料で、販売できる商品に制限はありません。なので、Stores.jpとどちらが優れているのか比較はせずに、いっそのことどちらも利用して販路を増やすのがいいでしょう。

BASE(ベイス) | ネットショップが無料で簡単に作成できます

まとめ

実は、前回(あなたも店長になれる!無料で簡単にネットショップを作成できる方法6個)とかなりかぶった内容となってしまいましたが、ZOZOにお店を出せるのは、センスはあるのになかなか販路をつかむチャンスに恵まれないベッドルームクリエイターには良いお知らせだなあと思いまとめてみました。お役に立てばなによりです。

ほな、ごゆるりと〜

こちらもcheck!ついに再開!ウェブさえのHP作成サービスはこちら

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top