Web系フリーランスをモンスタークライアントから守る契約書

Web系フリーランスをモンスタークライアントから守る契約書

契約書なしの口約束でお仕事を受けているWeb系フリーランスさん、多いんじゃないですか?契約書を自分で作るのは難しいですし、行政書士さんに依頼すると結構お金がかかります。でも、契約書がたった1枚あるだけで、クライアントさんと制作側が友好的な関係を築けます。

タイトルには「モンスタークライアントから守る」と書きましたが、契約書は制作側だけでなくクライアントさんの権利も守り、制作側の無責任な仕事ぶりを牽制できます。お互いが末長く仲良くおつき合いしていけるように、そんな願いを込めて今回はウェブさえが使う21条からなる契約書を無料で配布します!21条がそれぞれどんなことを約束しているのかも説明するので、まずはダウンロードして、それから読んでくださいね!

契約書ダウンロードはこちらから

契約書をネット上でかわせるサービスが始まりました。ダウンロードした契約書と一緒に利用してみてください。

WEBサイト制作業務委託基本契約書21条の説明

最初に注意書き

ダウンロードできる契約書は、クライアントさんが契約書を交わすことに慣れてない個人事業主さんや中小企業の社長さんの場合でも「ウゲッ!」と引いてしまわないように、契約書の書式を保ったまま読みやすく枚数も少なくしてあります。

案件の大きさや制作するWebサイトの仕様によっては追加・削除が必要な条項や変更すべき言い回しもあるかと思います。契約書の改編は自由ですので、その都度、案件に合う内容にアレンジして使ってください。

ただ、二次配布はご遠慮くださいね。また、この契約書がらみで生じたトラブルにはウェブさえは一切責任を負いません!その点もあらかじめご了承ください。それでは各条項を説明していきますよ!

第1条(目的)

第1条(目的)

これからクライアントさんと制作側であるあなたが、お互い仲良く協力しあいながら双方ともに満足しあえるWebサイトを作っていきましょうねーということを約束しています。

第2条(本業務)

第2条(本業務)

クライアントさんは、Webサイトの素材となる文章や画像を用意する。それを利用して、制作側の持つスキルによってWebサイトを作り上げることを約束しています。「え〜画像はそっちが用意してくれるんじゃないの?」的な言い合いを避けることができますね。

第3条(仕様書)

第3条(仕様書)

Webサイトを作るのにかかるお金や時間は、クライアントさんの希望によってマチマチです。なので、クライアントさん共通の契約書で決められないことは、別に仕様書を作って、そっちで約束しましょうね、ってことを決めています。

第4条(契約期間)

第4条(契約期間)

契約書で約束した内容をいつまで守るのかを決めています。Webサイトはいつまでもネット上に残ります。忘れた頃に生じるトラブルでクライアントさんと制作側お互いが苦しまなくて済むように、契約は自動的にずーっと更新されることを約束しています。

第5条(制作料金)

第4条(契約期間)

制作にかかるお金についての約束です。消費税のこととか、制作費を払うタイミングについて決めています。気持ちよくお金のやりとりをするために重要です。

第6条 (着手金)

第5条(制作料金)

制作に着手するためのお金についての約束です。トータルの制作費のいくらか分を着手金として払ってもらうことで、クライアントさんも制作側も安心して制作に入れます。クライアントさんの方は、先にお金を払うことで一層制作にかけるやる気も出ますし、制作側の無責任な仕事ぶりを牽制できます。制作側は先にお金をもらっておくことで、制作途中におけるクライアントさんのドタキャンを防げますし、自分自身制作を進めるための責任感を持てますね。

第7条(納品)

第7条(納品)

制作を「これで完了!」とする時点をどうやって決めるのかを約束しています。制作途中や完成間近になって突然消息を絶ってしまい連絡不可能になってしまったクライアントさんからも、「連絡なしが7日間=完成です」ということで納品できるので安心です。

第8条(公開)

第7条(納品)

Webサイトを公開するタイミングを決めています。制作費の支払前に公開してしまうと、制作が終わったことに安心して、なかなかお金を払ってくれないクライアントさんもいます。あくまでお金を払ってもらったあとに一般公開しますよー、ということを約束しています。

第9条 (制作物の返品・再制作)

第9条 (制作物の返品・再制作)

納品後、クライアントさんの都合による返品や大幅な作り直しを避けるための約束です。もし、修正作業が必要になれば、必要な作業量に応じて料金が発生することを決めています。

第10条(所有権の移転、危険負担)

第10条(所有権の移転、危険負担)

Webサイトの持ち主が移るタイミングを約束しています。全ての制作費が支払われたら、Webサイトの持ち主は制作側からクライアントさんになります。Webサイトからの利益はもちろんですが、Webサイトがらみのトラブルもクライアントさんの責任に移ることを決めています。

第11条(瑕疵担保責任)

第11条(瑕疵担保責任)

Webサイトの保証期間を90日間と決めています。90日の間なら、初期不良的な欠陥や制作側に原因がある間違いは無料で直しますよー、ということを約束しています。

第12条(アフターサービス)

第12条(アフターサービス)

納品後、制作側に原因がある変更や修正以外は、必要な作業量に応じてクライアントさん負担の追加費用が発生しますよー、ということを約束しています。

第13条(著作権)

第13条(著作権)

Webサイトに使用されている画像や文章などの著作権が制作側からクライアントさんへ移るタイミングと著作権がらみのトラブルへの対応方法を約束しています。「使った画像が実は他サイトからの転用だった!」なんてことが完成後に判明しても、それがクライアントさんの指示なら責任もクライアントさんの方にあることを決めています。

第14条(知的財産権の帰属)

第14条(知的財産権の帰属)

今回のWebサイトを作るのに利用したスペシャルでオリジナルなアイデアやノウハウを守るための約束です。クライアントさんと制作側、双方が持つアイデアとノウハウは今回のWebサイトを作るためだけにシェアされることを決めています。

第15条(再委託)

第15条(再委託)

制作側は制作作業の一部分、もしくは全部を知人や他の業者に外注できることを約束しています。ただし、外注先も本契約書の内容を守ることが求められます。

第16条(秘密保持)

第16条(秘密保持)

クライアントさんは制作側の、制作側はクライアントさんの秘密をしっかり守りましょうねー、ってことを約束してます。秘密保持の約束は、契約期間とか関係なくずーっと続くことを決めています。

第17条(不可抗力)

第17条(不可抗力)

病気とか災害とか自分では予想できなかったことで制作が中断されてもクライアントさんと制作側、どっちのせいでもないですよーということを約束しています。

第18条(損害賠償)

第18条(損害賠償)

こんなことは絶対避けたいですが、もし、どちらかがこの契約によって損害を受けた場合は、相手に損害賠償を請求できることを決めています。ただし、請求できるマックスの金額はトータルの制作費以上にはならないことも約束しています。

第19条(契約の解除)

第19条(契約の解除)

契約はできる限りクライアントさんと制作側が協力して守っていくことが重要ですが、どうしてもという場合は、契約を解除できること、その方法を約束しています。

第20条(協議)

第20条(協議)

どんなトラブルもクライアントさんと制作側のお互いが協力しあって解決することが重要ですよー、ということを約束しています。これはホントに重要です。制作中は意思の疎通がうまくいかないことが多々ありますが、できる限り会話をしてうまく進めていきたいものですね!

第21条(管轄裁判所)

第21条(管轄裁判所)

どうしてもどうしても話し合いで解決できなれれば「出るとこ出るぞ!」と法廷で戦うこともできます。その場となる裁判所がどこになるかを決めています。

まとめ

以上21条です。クライアントさんとあなたが友好的に末永く気持ちよ〜くお付き合いできるよう役立ててくれると嬉しいです!ダウンロードがまだの人はこちらからダウンロードしてください!

追記(2013/2/13 17:00)

現在、たくさんの人にダウンロードしていただいているようでありがとうございます!
この契約書は、僕自身の「こんな内容でお願い!」と知人の行政書士さんに頼んだものです。ですので、冒頭でも言いましたが、案件に合わせたアレンジが必要になるかと思います。また、エイヤ!とこの契約書を押し付けるのではなく、クライアントさんからの要望も聞きながらの妥協案も必要になるかもしれません。もし、法律の専門家がいらっしゃったら、「ここはこうした方がいいよ」的なアドバイスをいただければ、それもシェアしたいなと思っています。よろしくです!

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top