Web制作やブログ更新を優しく手伝う無料の画像加工・編集ツール10個

2015年10月21日
カテゴリー ツール

画像加工・編集ツール

(2014/3/28 タイトル変えて再投稿)

10個、画像の加工と編集に利用できる無料ツールをピックアップしました。

ブログの更新に精を出すクライアントさんからのリクエストでした。まとめてみると、同じようにブログ用の画像を手軽に作成したいブロガーさんにはもちろん、本格的にグラフィックデザインを学びたい人にまで役立ちそうなツールが集まりました。

ブラウザツール、ダウンロードして使えるアプリ、おまけに画像のファイルサイズを圧縮できるサービスまでも加えてます。ぜひ、お試しあれ!

全部無料! 画像加工・編集に役立つツール10個

2015/10/5 いい感じのツールを新しく見つけました。こっちもおすすめです!

1. 超本格派! Pixlr

pixlrの起動画面

まずは、本格的で多機能なものから。ブラウザから利用でき、かなりPhotoshopに使い勝手が似ています。サイズ変更や写り具合の補正だけに使うのはもったいないくらいで、プロの現場で行われている作業にかなり近いことが可能です。

ただ、多機能なぶん、初心者さんにとって敷居が高くなるのは否めません。ブログ用の画像を作りたいだけなら、以下に続く他のツールを利用した方がいいかもです。

2. こっちの方が楽しいかも! Pixlr Express

pixlr expressの起動画面

Pixlrの下位バージョンです。Pixlrよりも、いじくってみて楽しかったのはこっちでした。ポンポンとクリックしていくだけで面白い画像が作れます。

で、やってみた! これが素材です。午年なので。

馬の画像デフォルト

画像を開いてみたところ。

黄色のボックスで囲んでいるところが、ツールパレットです。クリックして使います。

馬の画像デフォルトを開いたところ

まずは大胆にエフェクトをかけてみます。

黄色の矢印がさしてる『Ashley』という効果を選択しました。

エフェクトashleyを選択

エフェクトが効いた状態。

次は『ハート』の壁紙を重ねてみます。オーバーレイ、ってやつです。

オーバーレイheartsaを選択

続いて『フレーム』を選んでみました。

フレームを選択

ステッカーをペタペタ貼ってデコれます。

『メガネ』を選択。他にも『パイプ』とか『帽子』も。

ステッカーをぺたぺた

最後にテキストを入力。

テキストを入れる

完成!

完成

出来が良いのか悪いのか? その判断はお任せしますが、簡単に楽しく遊べることは伝わったかな。

3. コラージュ作りがはかどる! Fotor

fotorのコラージュ作成

Fotorもブラウザツールで、無料とは思えないほどの加工・編集機能を備えています。その中でも特に面白かったのが、コラージュ作成機能です。上は実際の編集画面です。選んだフレームの中に画像をドラッグ&ドロップするだけで、洒落たコラージュを作れます。

4. お手軽編集! Photoshop Express

photoshop expressの起動画面

Photoshop Expressは、その名が示すとおり、画像編集ソフトの極み『Photoshop』の子分にあたるツールです。サイズ変更や色調の補正など簡単な機能だけに絞ってあるので、初心者さんにも使いやすいと思いますよ。

5. ブログ用画像ならおまかせ! Skitch

スキッチの編集画面

ここからはダウンロードアプリ。

Skitchは、画像に説明の文字や矢印を描き込みたいときに重宝します。機能が限られているので操作も簡単。ブログ用の画像を作るのに欠かせません。画像を共有する機能もあるので、言葉で説明しにくいことをクライアントさんに伝えたいときなんかにも使えます。

6. Photoshop要らず! GIMP

gimpの起動画面

無料でダウンロードできるなかで、最も多機能な画像編集ソフトでしょう。Pixlrと違って、ネットに接続しなくても利用できるのは嬉しいですね。

しかし、PixlrやPhotoshopと同様に使いこなすにはハードルが高く、学習が必要。使い方を解説するサイトや書籍は探せばたくさん見つかります。グラフィックデザイナーを目指しているけど、Photoshopは高くて我慢しているという人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

7. 複数画像を一括リサイズ! Th-MakerX

gimpの起動画面

画像編集や加工の機能は見ての通りありませんが、スゴく便利です。大量の画像の大きさを一回のドラッグ&ドロップで同時に変更してくれます。拡大/縮小の方法を倍率や実寸で指定できたり、保存先とファイル名も細かく設定できる上に、ウォーターマークも自動で挿入してくれます。ウォーターマークは、画像の上に重ねていれる『透かし』のことで著作者の明示に利用して盗用を防止できます。

8. スクリーンショットといえば! Awesome Screenshot

awesome screenshotのサイト

定番ですね。ブラウザの機能拡張としてインストールして使います。ブラウザで見てるWebページをワンクリックで撮影し、撮影した画像の上に文字や図形を書込むこともできます。

9. pngファイルを最大70%圧縮! TinyPNG

tinypngの画面

無料で使えるWebサービスです。pngファイルを最大70%まで圧縮してくれます。

スマホやタブレットからアクセスしてくるユーザーへストレスを与えないよう、サイトの表示速度を改善するこは重要です。その改善策として、特にこのブログのような画像を多用しているサイトにとって、画像サイズの圧縮はとても効果があります。

10. JPEはこっち! JPEGmini

jpegminiの画面

jpgはこっちで。最大60%程度まで圧縮してくれます。

以上!

画像に関わる様々な場面で役立つツールの紹介でした。これだけあれば、画像の加工・編集に困ることはないですね!

ほな、ごゆるりと〜

こちらもcheck!ついに再開!ウェブさえのHP作成サービスはこちら

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top