手作りサイトで頑張る自営業者へ!ダサくても仕事がガッポリ入るサイトの掟15個

2016年9月6日
カテゴリー アクセスアップ ホームページ作成

手作りサイトで頑張る自営業者へ!ダサくても仕事がガッポリ入るサイトの掟15個

さて! カッコわるくたってイイよー。そんなこと問題じゃない♪

Web制作のプロが作ったホームページでなくても、売上に活躍しているサイトはたくさんありますよ!

今回は、忙しい合間を縫って頑張る自営業者さんのために、「お問い合わせが殺到するサイト」に共通するポイント15個をお話しします。こないだ紹介した毎月黒字100万超のサイトも、最初はこのポイント15個を土台に作り始めました。商売用のサイトにとって超基本ともいえる15項目なので、「これから初のホームページ作りにトライしたい!」という自営業者さんにも役立つと思いますよ!

このページを例に15項目説明します!

デザインが悪くても、「信頼感」「お得感」「お問い合わせしやすい方法」にこだわれば、充分売上に貢献するサイトを作れます。そのポイントを、以下のページデザインを例に説明します。これまた、どこにでもありそうなダサイ(?)サイトですなー。でも、売上に効く要所はちゃんと押さえてますよ!(画像例がデカくてすみません(*´ェ`*))

ランディングページ

それではそれぞれ説明します!!!

お問い合わせを増やすポイント15

1.ロゴにこだわる!

ロゴ

きちんとデザインされたロゴを一つ置くだけで、あら不思議!いままで漂ってた手作り感が消え、途端にサイトの印象がプロっぽく変わります。名刺やパンフレットなどにも使えるので、ロゴくらいはお金をかけてみてはいかがでしょうか?

2.タイトルを屋号だけにしない!

タイトル

サイトで何を販売しているのか分かるキーワードを入れてみましょう。リフォーム屋さんなら「壁紙張り替え専門の◯◯屋」や行政書士さんなら「契約書作成のプロ◯◯事務所」のような「商品名+屋号」の形にするだけで、何屋さんか一目瞭然!お客さんにすぐ伝わります。

3.電話番号を表記する!

電話番号

ページを開いたとたんに電話番号が見えると、お客さんは無意識にも安心します。電話番号なしより携帯電話、携帯電話より固定電話、固定電話よりフリーダイヤル、安心度を上げるとお問い合わせの数を増やすことにつながります。

4.顔写真を載せよう!

顔写真

明るい表情の写真が一枚あるだけでサイト全体から得られる信頼感がバツグンに向上します。恥ずかしがらずに、ばっちりキメた写真を一番見える位置に飾りましょう。

5.お問い合わせボタンをハッキリと!

お問い合わせボタン

ヘッダー右側は、お問い合わせボタンを置くのに「お約束の場所」ともいえ、お問い合わせしたいお客さんが一番最初に見る場所です。「あれ?無いヤン…」とお客さんの期待を裏切らないよう、大きく目立つ色で用意しましょう。

6.ナビを分かりやすく!

ナビ

少しでも迷うとお客さんは帰ってしまいます。ページを開いた瞬間、求めている情報がどこにあるのか分かるナビを置きましょう。

7.アイキャッチは業務に関連する写真で!

アイキャッチ

必ず商品や業務と関連する画像を置きましょう。画像の質にはこだわった方がいいですね。無料でダウンロードできるサイトはたくさんありますが、サイトの第一印象を決定する画像です。ちょっとくらいお金をかけてみてはいかがでしょうか?

8.キャッチフレーズは具体的なメリットを!

キャッチフレーズー

気の利いた言い回しにしがちですが、「具体的に」お客さんにとってメリットになることをフレーズにしましょう。仮に接骨院なら、「体と気持ちをハッピーにする」よりも「週1回の通院で四十肩が治りました!」の方が来院してくれるお客さんを増やせます。

9.明瞭会計!

料金

料金をできるだけ分かりやすく提示します。値段を知りたいお客さんは問い合わせてくるだろう、価格競争になるのは嫌だから、は間違いですよ。見積が必要になる場合は金額の目安だけでも掲示してみると、お問い合わせしてもらいやすくなります。

10.実績をアピール!

実績

「今までこれだけの仕事をやったんだー!」と、過去の施工事例や制作事例など必ず紹介します。できれば、常に更新して「オレはいつもこんなに仕事がくるくらい人気者なんだぜー」とアピールしましょう。

11.お客様の声を掲載する!

お客様の声

何より説得力があるのは、お客様からのお便りです。なかなか直筆の手紙をもらうのは難しいですが、それだけに少なくても威力があります。何かプレゼントと引き換えに、アンケートに答えてもらうというのはどうでしょう?例えば、ハウスクリーニング屋さんなら、「アンケートに答えてくれたお客さんに業務用洗剤をあげます!」のような形にしてみるといいでしょう。

12.期限付きキャンペーン!

期限付きキャンペーン

「15日まで先着10名様に割引50%」のような「期限+人数+特典」の形がベストです。お得感を刺激するのと同時に「今じゃなきゃダメ!」とお問い合わせへ急がせます。

13.だめ押しのプレゼント!

だめ押しの無料プレゼント

Web屋さんなら「アクセス解析セットアップ」、税理士さんなら「素人さんでもできる節税ポイント10」のような小冊子。こんな感じで、決して売り手の負担にはならないけど、お客さんにとっては非常に喜ばれるものにするのがいいでしょう。だめ押しのプレゼントは、さらにお客さんの背中を押します。

14.ページ下にもお問い合わせボタンを置く!

お問い合わせボタン

「今すぐ!」の言葉と一緒にページの終わりに置くことで、お問い合わせ気分が高まったお客さんをそのままお問い合わせへと繋げます。

15.フォームは分かりやすく!

フォーム

お問い合わせ直前でお客さんを逃してしまわないように、入力項目をできるだけシンプルにして、使いやすい形にします。例えば「年齢」を尋ねる必要は本当にあるのか、入力を面倒にさせる項目は省いて、お客さんに負担をかけずに送信しやすいフォームにしましょう。

まとめ

Web作りのプロに頼めるほど予算に余裕がなく、「よし自分で作ろう!」としている自営業者さんは、まず以上の15ポイントを土台にして始めてみてくださいね!

こちらもcheck!ついに再開!ウェブさえのHP作成サービスはこちら

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top