ミャンマーのヤンゴン空港でSIMカードを購入。ATMもあった。

2014年12月20日
カテゴリー 旅行

シュエダゴン・パゴダ

ミャンマーのヤンゴン空港でSIMカードを購入。速度はかなり遅かったですが、街中を歩きながらLINEでメッセージのやり取りや、Googleマップで現在地を確認できるのはやっぱり便利です。

SIMカードの売り場

インフォーメーションカウンター

到着ゲートを抜けるとすぐに見つかるインフォーメーションカウンター。SIMカードの売り場を尋ねると、「あるよ」と出してくれました。SIMカード代が5,000チャット、プリペイドの通話料金を5,000チャット分、合計10,000チャットでした。日本円にすると1,000円くらいですね。

パッケージはこんな感じ

SIMカード

ミャンマー人のモデルさんでしょうか。かわいいですね。SIMカードのセットアップをしようと中身を見ると、

SIMカードの中身

いやいやミャンマー語で全く意味が分かりません。でも大丈夫。カウンターの中のスタッフにスマホを渡すと必要な設定をすべてしてくれました。

速度を測ると

SIMカードの速度

早速、ネットの接続速度を測ってみると下りも上りも1Mいかず。予想どおりの遅さです。

通話料金・データ接続料金

SIMカードのパッケージ

料金体系がよく分からなかったので、パッケージの裏面に記載してるサイトへアクセスして調べてみました。けど、結局よく分からず。二泊三日の旅行中はプリペイドに足すことなく使えました。

ホテルのWi-Fi

ホテルのWi-Fi接続速度

ちなみにホテルのWi-Fiはこれくらいの速度が出てました。といっても、常にこんなに速いわけではなく、かなり不安定。ひどいときは全く接続できないこともありました。

街中には無料のWi-Fiを提供してるレストランやカフェも多くありました。どこもやっぱり速度は不安定でしたよ。

以上!

噂ではATMもないという話でしたが、空港にはもちろん街中にもたくさん見つけられます。空港で前に並ぶ旅行者に尋ねると2年前にATMはまったくなかったそうです。今は冒頭の写真のシュエダゴン・パゴダ内にもいくつかあります。急速に発展するミャンマーの勢いをこんなところにも感じました。

そういえば、ビザもオンラインで取れるようになったようです。

こちらもcheck!便利な旅行グッズを特集してます

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top