関空の早朝・深夜利用におすすめの旅館-美松荘の勝手に口コミ

2015年5月30日
カテゴリー 旅行

美松荘

関西国際空港を利用するのが早朝や深夜の場合に、とっても便利なビジネス旅館をご紹介。なんと一泊2,000円台〜宿泊可能! 関空周辺の他のホテルと比較するとすごく安いです。旅行前の出費はできるだけおさえたいという人、ぜひどうぞ。

どこ?

駅前の地図

場所は泉佐野駅のすぐ近く。公式パンフには徒歩2分の記載。道は舗装されているので、重たいスーツケースを引きずってても、5分あれば大丈夫。

電車の路線図

泉佐野駅は関空から南海線で二駅 8分のところ。タイミングよく電車に乗れれば、民宿と関空は15分以内の距離。近い。

泉佐野って?

泉佐野駅前

泉佐野のこの辺が好きなんです。こじんまりとしてますが、色々と個性的な居酒屋が多いので。海が近く新鮮な魚介を扱っているお店が多いみたい。やっぱり大阪だからか、串カツ屋さんも、よく目に付きます。

便利さでいうと関空直結のホテル日航が筆頭。

でも、夜遊びしたいのです! 関空に泊まっても、感じの良い居酒屋はそばにない。だから特別な理由がない限り、関空周辺で泊まるときは、だいたいいつも泉佐野を選んでます。

地元民ぶって、個人経営の小さな居酒屋をはしごするのは楽しいです。いつも飲み過ぎてしまいます。今晩も頃合いを見計らって夜の泉佐野に繰り出すぞ。楽しみ。

結果、お寿司も出す居酒屋さんで、剣先イカの刺身とアスパラガスのてんぷらなどをいただきました。

新鮮、ねっとり。

イカ刺し

新鮮、サクサク。

アスパラのてんぷら

進むお酒。お酒。ヤバイな、明日早いのに。

過去に、この辺を飲み歩いたときのことを書いてます。

民宿の様子

美松荘外観

さて、肝心の美松壮の中の様子ですが、個人宅を民宿仕様に改装したような感じ。部屋は畳敷きの和室で、風呂とトイレは部屋の外。共同です。まさしく田舎のおばあちゃん家な雰囲気で、私的には非常に気に入りました。

美松荘 部屋

なんでもここで50年近くお客様をお迎えしているらしいですよ。建物からもその歴史を感じますが、「古い=不潔」ということではありません。定期的にちゃんとメンテナンスしているのでしょう。掃除も行き渡っていて、清潔なお宿です。

とはいえ、気になる人には気になる箇所も。部屋の扉や壁は薄く、床は響きます。そばに電車も走ってるので、よその音が気になる人は要注意。他人が使った布団や畳(もちろん使用後はクリーニングしてあります)が苦手な人も、ホテルに泊まった方がストレスなく過ごせるでしょう。

美松荘 布団

ぼくの場合、夜寝るときだけは神経質。耳栓さえ突っ込んでおけば、あとは大丈夫。畳の上でひとときを過ごしてるうちに、まるで我が家にいる気分になってきました。落ち着くわ〜。快適!

Wi-Fiもありました。ブラウジングもライン電話も問題なかったです。

WiFi

宿泊当日は酔っ払っいすぎて、シャワー無理、そのまま寝てしまいました。久々の布団の寝心地は悪くなかったです。

朝、起きてお風呂へ。シャワーの勢いが気持ち良い! 清潔だし、子供連れの方は、いっしょに入れるほど広いので、ホテルのユニットバスよりも使い心地がいいんじゃないでしょうか。シャンプー、リンス、ボディーシャンプー、石鹸は備え付き。大きめの浴槽もあります。ゆったり疲れを癒せます。

洗面台もきれい。

洗面台

ドライヤーあり。

ドライヤー

そばに体重計もありました。旅の前後で体重をチェックしてみては?

体重計

タオルとバスタオルは部屋で支給されてます。歯ブラシは洗面台のわきに置いてありました。セルフで利用できます。アメニティは一通り揃ってますね。ありがたい。

電子レンジや、

電子レンジ

洗濯機もあるので長期滞在でも不便はなさそう。

洗濯機

お値段

今回は一人での宿泊。4100円でした。安い時期だと一人2407円、二人一部屋5185円から泊まれるみたいです。

旅の仕方は人それぞれ。たまの旅行、せっかくだからと、節約なんて野暮なことは言わず、贅沢三昧に身を投じる人。とにかく安さを追求し荷物も極限まで減らすストイックなバックパッカー。

ボクはその中間かな。旅行の本番はあくまで現地でスタート。それまではできれば節約したいな(でも結局気が緩んで散財してる)って感じです。とにかく今後も重宝しそうなお宿でした。もっと早く知りたかったな。

こちらもcheck!便利な旅行グッズを特集してます

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top