初心者でも自分でできるSEO対策はあるの?

2021年11月16日
カテゴリー SEO/マーケティング
B!

SEO初心者でもできる!検索からのアクセスを増やす方法

残酷なことを言ってしまいますが……

アクセスがないホームページやブログは存在していないのと同じです。

  • 事業のため家賃の何倍ものお金をかけて作ったホームページ。
  • 睡眠不足で翌朝起きるのが辛くなることがわかりながらも更新しているブログ。

どちらも見てくれる人がいないなら、かけた苦労は水の泡に(涙)。

そんな悲劇を避ける方法がSEO対策=「検索経由のアクセスを増やすための対策」です。

実は、僕のところにもよくSEO対策に関する相談が寄せられます。
費用を伝えると、想像していたのとは一桁も二桁も違う費用にびっくりされることが多いです。

そう、実はSEO対策は業者へ外注すると、めちゃくちゃお金がかかります。

しかも、SEO対策の効果は100%確実ではありません。

高いお金を払ってSEOの専門業者へ依頼したからといって、求めている効果が保証されているわけではないのです。

だから、僕がいつも最初におすすめするのが「自分でできるSEO対策」。

具体的にいうと以下の3つの数字を改善する方法へ取り組むことです。

  • 表示回数
  • 掲載順位
  • CTR

ちまたには格安のSEO業者もたくさんみつかります。

でも、その多くが、

  • あまり効果に結びつかないキーワードでの対策
  • 長い目で見ると逆に検索経由のアクセスを減らすリスクのある対策

こういう間違ったSEO対策を行う悪質な業者です。

そんな安くても当てにならないSEO業者を利用するくらいなら、まずは、自分でできることからやってみませんか?

この記事では、SEO対策を行うときの基本施策について解説します。

これからSEO対策を自分でやってみたいと考える初心者さんは、ぜひ、最後までお付き合いください。


どうすればアクセスが増えるのか?

アクセスが増えない、問い合わせもこない

おしゃれなホームページを作ったら、毎日ブログを更新してたら、勝手にアクセスが増えていく。

そんな勘違いをしている人が実は多いです。

本当は、何かしらアクセスを増やすための取り組みに力をそそがない限り、サイトへ足を運んでくれる人は増えません。

以下は、「アクセスアップの方法」です。

  • SEO対策
  • リスティング広告
  • ポータルサイトへの登録
  • グーグルマイビジネス
  • SNS

予算や知識によって、どの方法を利用するかが変わってきます。

今回取り上げるのはSEO対策。

「予算0円、初心者さん」でも取り組んでいけるSEOの基本施策をお伝えします。

SEO対策とは
検索経由のアクセスを増やすために取り組んでいく対策のこと。

何かひとつを対策として行うのではなく、検索経由のアクセスを増加させるための様々な施策に取り組んでいくことをSEO対策といいます。

「自分でできるSEO対策」を始める前の準備

あなたのサイト、手を加えることができる?

あなたのサイトは、自分で手を加えることができる仕組みになってますか?

SEO対策を「自分でやる」には、自分でページを増やしたり、ページの中身を修正したりができる必要があります。

そのため、以下のような仕組みでサイトを作っておきましょう。

  • WordPress
  • WIX
  • Jimdo

WordPress

SEO対策へ最も取り組みやすいのはWordPressです。

無料でダウンロードできるサイト制作用のアプリで、レンタルサーバーへインストールして使います。

専用の管理画面から、ページの増減や編集ができるだけでなく、SEO対策へ有利な様々な機能が備わっています。

WordPressの基本的な使い方は以下をご覧ください。

WIX

wix

無料でも利用できるホームページを作成するためのサービスです。

メールアドレスを登録するだけで使えるので、WordPressよりも簡単に始められます。

できることは限られていますが、SEO対策へ取り組むときに不可欠な基本的な作業は問題なく行えます。

WIXについてもっと知りたい人は以下の記事をどうぞ。

Jimdo

jimdo

WIXよりさらに初心者向けのホームページ作成サービスです。

プランがいくつかあり、AIビルダーの無料プランではSEO対策に必須のサーチコンソールが使用できないことに注意しましょう。

Jimdoの使い方は以下の記事で特集しました。

他にもいろいろあるホームページ自作サービス
WIXやJimdoのようにホームページの自作が可能でSEO対策にも自分で取り組んでいけるサービスはたくさんみつかります。

以下の記事で比較してます。

SEOの正しい知識はGoogleで身につける

SEO対策に関する情報はネットでも本でもたくさん見つかります。

でも、注意したいのが以下の2点。

  • SEO対策で効果的な方法は時代によって変わる
  • 初心者が発信しているSEO情報も多い

SEO対策で効果的な方法は時代によって変わる

1年前に通用していたSEO対策が、今日はスパムとして逆に順位を下げるものになってしまっているリスクがあります。

スパムとは、検索経由のアクセスを増やすことだけを目的にした悪質な手法のこと。

例えば、以下のような手法。

  • 検索順位を上げたいキーワードをページにたくさん詰め込む
  • アクセスを増やしたいページに対して自作でリンクを張る

こうした手法への度が過ぎると、効果がないどころか違反行為とみなされ検索結果から追放される恐れがあります。

初心者が発信しているSEO情報も多い

最近、ブログやSNSが流行ってます。

初心者さんが、勉強の過程で得た知識を発信しているブログの記事やtwitterのつぶやきを多く見かけます。

発信すること自体を否定する気持ちはありません。
知識を定着させるため、情報を発信するのは大きな効果がありますよね。
だから初心者さんほど、積極的にブログやSNSで情報発信するほうがいいと、僕自身は思ってます。

ただ、情報を受け取る側としては注意が必要です。
初心者さんが発信する情報を真に受けると、誤ったSEO対策をしてしまう恐れがあるからです。

初心者向けスタートガイドを読んでおくべし

今、リアルタイムに通用する正しいSEO対策の知識が以下のGoogle検索セントラルにまとまっています。

まずはGoogle検索の仕組みを知り、検索経由のアクセスを増やすための基本的な考え方を身につけましょう。

基本的な考え方を最初に学んでおくことで、誤ったSEOに関する情報に惑わされずに済みます。

SEO対策はコツコツと積み上げていく作業です。
積み上げた結果、効果を最大限にするには、正しい考え方が土台にあることが欠かせません。
その考え方が、上記の検索セントラルで学べます。

サーチコンソールへ登録する

SEO対策の基本的な知識が身についたら、現在のサイトのSEO効果を計測してみましょう。

「Googleサーチコンソール」を使います。

サーチコンソール

サーチコンソールを見ると、検索結果における以下の3つが確かめられます。

  • 表示回数
  • 掲載順位
  • CTR

パフォーマンス

SEO対策とは、具体的に言うと、これら3つの数字を改善していくための取り組みのことをいいます。

SEO対策に特別なツールは「まだ」いらない

まだ不要

サーチコンソール以外にもSEO対策に役立つツールはたくさんあります。

でも、初心者のうちはサーチコンソールだけを使っておきましょう。

中〜上級者なら使いたいSEOツール

grc
grc

キーワードごとの検索順位をチェックできます。

検索順位チェックツールGRC 詳細はこちら

ahrefs
ahrefs

キーワードの検索回数や表示順位、被リンクの数と質など、SEO対策に取り組む上で知りたいデータの多くを得られます。

ラッコキーワード
ラッコキーワード

SEO対策へ取り組むべきキーワードを発掘できます。

こうしたツールを使って得られるたくさんのデータを目の前にしてしまうと、特に初心者さんは何から取り組んでいくべきか混乱してしまいます。

SEO対策に初めて挑戦するときは、サーチコンソールで得られる情報だけを見ておけば構いません。

サーチコンソールでアクセスを増やしたいキーワードが見つかりますか?

サーチコンソールへ登録後、1ヶ月ほどしたら、「検索パフォーマンス」の画面を開いてみましょう。

ここにアクセスを増やしたいキーワードが出てますか?

ここに出てる?

ここには、サイトへアクセスが発生するきっかけとなるキーワードが並んでいます。

ここに出ていないキーワードにはアクセスを得るチャンスがありません。
頑張ってSEO対策へ取り組みましょう。

具体的には以下の3つの数字を改善するための工夫が必要です。

  • 表示回数
  • 掲載順位
  • CTR

表示回数を増やすための方法

サーチコンソールでは、検索結果への表示回数がサイト全体、また、ページ単位で調査できます。

以下がその画面です。
表示回数がハイライトされ、表示回数の推移がグラフで表示されています。

表示回数

検索結果への表示回数を増やせれば、検索者の目に入る機会も増えるので、サイトのアクセスを増やす結果へとつながります。

表示回数を増やすには、表示回数を増やしたいキーワードに対する情報をサイト内に増やします。

というと、以下のような対策を行いがちですが……

  • 表示回数を増やしたいキーワードをページ内にただただ羅列する
  • 表示回数を増やしたいキーワードをタイトルに盛り込んだだけのブログ記事を量産する

こうした表面的な対策には効果がありません。

表示回数を増加したいキーワードに対して「質の高い情報」を増やすことが重要です。

質の高い情報とは、「検索者の満足度が高い情報」のこと。

検索者が、検索の結果訪れたページで得られる情報に対しての満足度。
それを高めることを意識し、既存ページへの情報の追加やブログ記事の更新を行います。

掲載順位を上げるための方法

以下は、サーチコンソールで見られる画面。
検索結果における平均順位とその推移を表すものです。

平均掲載順位

一般にSEO対策というと、検索順位を上げることだと思われてますよね。

実は、先にあげた表示回数の増加、そして、次に説明するCTRの増加もSEO対策の一環です。

さて、検索順位を高めるための方法は、やはり検索者の満足度を高めることです。

順位アップしたいキーワードを一度検索してみましょう。
上位に並ぶページを実際に訪問してみてください。
キーワードに対して充実した情報がわかりやすく提供されているはずです。

単に文字ばかりが並んでいるのではなく、写真やイラストが加えられているページも多いでしょう。
役立つ情報と一緒に信頼のある情報源が加えられている場合もあります。

記事の末尾に著者情報が掲載されているのもよく見かけます。
読者が得られる信頼感を高めるのが目的です。

このように上位に現れるページには、ページ自体の情報価値が高いのはもちろん、検索者を満足させるための工夫が様々と散りばめられています。

こうした上位ページと同じクオリティを、あなたが上位表示を狙っているページは持ってますか?

あなたのページに不足する質と工夫は何かを考え、ページに対して改善の手を加えることで掲載順位の向上へとつながります。

CTRを増やすための方法

CTRとは、Click Through Rateの略語で、日本語では「クリック率」と表せます。

検索結果へ表示されるだけではアクセスは発生しません。
クリックされて初めてアクセスが得られます。

仮に検索結果へ100回表示されてもCTRが1%なら、得られるクリックは1回。
もしCTRが20%なら20回のクリックを得られることになります。

以下は、そんなCTRの数値と推移を表す画面。
サーチコンソールで見られます。

平均CTR

CTRを増やすには順位の向上が一番有効ですが、以下のような検索結果へ現れるタイトルとディスクリプション(説明文)を工夫することでも効果を期待できます。

メタタグとタイトルタグ

表示回数や掲載順位は直接の操作が難しいのに対して、タイトルとディスクリプションはじきじきに手を加えることが可能なので、もっとも効果が現れやすい施策といえます。

WordPressサイトにおけるタイトルとディスクリプションの設定方法

「All in One SEO」というプラグインを利用します。

以下は、「All in One SEO」をインストールしたときのページの編集画面です。
タイトルとディスクリプションを入力できます。

wordpress all in one seo 設定

Wixサイトにおけるタイトルとディスクリプションの設定方法

ページの編集エディタから簡単にできます。
以下のように入力できる画面があるので、そこでクリックされやすそうなタイトルとディスクリプションを設定しましょう。

Wix seo設定

Jimdoサイトにおけるタイトルとディスクリプションの設定方法

以下のように、タイトルとディスクリプションに対して自由に入力できるようになってます。

Jimdo seo設定


以上が、SEO対策の初歩的な知識となります。

サーチコンソールさえしっかり活用できれば、今のSEOの成果を知ることができます。

現状として、表示回数、掲載順位、CTRのを把握し、それぞれの数値を改善していくためには何に取り組んでいけばいいのか、考えてみましょう。

読み終わったらシェア!

B!

ついに再開!私たちにホームページの制作を任せてみませんか?

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
Top
ウェブさえ
@websae2012