【WordPressユーザーの新規追加】権限とは?削除の方法も

Author: ウェブさえ |
2022年7月8日
カテゴリー WordPress
B!

WordPressの使い方、ユーザーの新規作成方法とは?

WordPressに新しくユーザーを追加する方法を説明していきます。

新規でユーザーを作成するときは、パスワードや権限などを適切に設定しなければいけません。

また、ユーザーを削除するときにも正しい方法でなければ、今まで作成したコンテンツを失ってしまうリスクがあります。

こうした新規ユーザーの作成時、そして、ユーザーを削除するときに注意したいことにも触れています。

WordPressユーザーを新規で作成する

WordPressに新しくユーザーを追加する手順は以下のとおりです。

1. ユーザー新規追加画面へ移動する

WordPressへログイン後、新規ユーザーを追加するための画面へ移動するには、以下の方法があります。

【1. ユーザー > 新規追加】をクリック。
あるいは、
ユーザー一覧画面で【2. 新規追加】ボタンをクリック。

新規で追加する

画面最上部に見える【1. +新規】にマウスを合わせ【2. ユーザ】をクリックする方法でも新規追加画面へ移動できます。

新規で追加する

2. ユーザー情報を入力する

新規ユーザーの情報を入力します。

プロフィール画面

入力項目 内容
ユーザー名 半角英数字で入力。
ログイン画面で入力し、サイト上にも表示される情報です。
メール メールアドレスを入力。
名前を入力。
空白でも可。
名字を入力。
空白でも可。
サイト 運営サイトのURLを入力します。
空白でも可。
言語 管理画面の言語を選べます。
パスワード ログイン時に使うパスワードを設定します。
必ず脆弱性が強力なパスワードにしましょう。
脆弱性については後述します。
ユーザーに通知を送信 ユーザーにアカウントの作成を知らせパスワードを設定させる場合にチェックを入れます。
詳しくは後述します。
権限グループ ユーザーに与える権限を選択します。
権限については後述します。

パスワードを設定するときの注意

必ずパスワードは推測されにくいものに設定しましょう。
WordPressはよくハッキングやウイルスのターゲットにされるからです。
パスワードが漏れると、管理画面やサーバーへログインを許し悪質な攻撃の被害に遭ってしまいます。

パスワードが漏れるリスクを「脆弱性」といいます。

以下は、パスワードを設定時に現れる脆弱性に関するメッセージです。

非常に漏れやすいパスワード。

脆弱性

漏れやすいパスワード。

脆弱性2

漏れやすいリスクが残るパスワード。

脆弱性が普通

漏れにくいパスワード。

脆弱性が強力

強力とメッセージが出るパスワードにしておくと安心です。

3. 完了

ユーザー情報を正しく入力できたら、以下のようにユーザー一覧へ新規ユーザーが追加されます。

追加後の画面

WordPressユーザーの権限とは?

ユーザーを新たに追加するとき、ユーザーにできることの範囲を権限として設定できます。

権限には以下の4種類があります。

  • 購読者
  • 投稿者
  • 編集者
  • 管理者

以下を参考に追加するユーザに適した権限を与えてください。

購読者とは?

できることはほとんどなく、コメントを読んだり、メールマガジンの購読ができたりするだけの権限です。

以下のようにメニューには、プロフィールを編集できる項目だけが見えます。

購読者

投稿者

記事の投稿ができます。
記事の公開には編集者以上の権限を持つユーザーの承認が必要です。

自分で作成した投稿記事の編集もできます。

メニューには、記事を投稿するために必要な項目しか見えません。

投稿者

編集者

自分で記事を投稿/編集できるだけでなく、他のユーザーが作成したコンテンツの編集もできます。

固定ページの作成も可能です。

以下のようにメニューには、コンテンツの作成と編集に必要なメニューが見えます。

編集者

管理者

サイトを管理するものとして、コンテンツの作成だけでなくWordPressの設定に関わる作業のすべてが許されます。

以下のようにすべてのメニュー項目が見えます。

管理者

WordPressユーザーを削除する方法

ユーザー一覧画面へ移動後、【削除】をクリックします。

削除01

削除するユーザーが、それまでに作成したコンテンツをどうするか選択します。

コンテンツを残しておきたい場合は、以下の項目を選択肢、コンテンツを引き継ぐためのユーザーを選択しましょう。

ユーザーの削除2

自分自身のユーザーアカウントを削除する方法

WordPressでは、ユーザーが自分ひとりしかいない場合、自分自身のアカウントを削除することはできません。
自分のアカウントを削除したい場合は、
1. まず新たに管理者としてユーザーを作成
2. そのユーザーでログイン
3. 削除したいアカウントを消す
という流れで行います。


以上です。

読み終わったらシェア!

B!
あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
Top
ウェブさえ
@websae2012