WordPressの海外テーマを日本語化したいときに嬉しい翻訳用プラグイン「My WP Translate」

2016年1月6日
カテゴリー WordPress

WordPressのテーマを日本語化したいときに嬉しい翻訳用プラグイン「My WP Translate」

覚えておくと、たぶんあとで得しそうなやつ。サイト全体を他言語化するということではなく、テーマを翻訳して日本語化したいときに役立つプラグインを紹介します。

最近は国産のテーマでも、「え、これが無料なの!?」と目がまん丸になっちゃうくらいに優秀なものを見つけられます。ボクもオリジナルテーマを開発して配布してみたいなあなんて思ったりもします。

でも配布したあと確実に殺到するユーザーさんたちからの質問の嵐。考えると震えちゃいます。多くのテーマ開発者様たちが、無償でサポート対応されてるお姿を見て本当に頭が下がります。リスペクトです。

さて、最近いい感じの国産テーマが増えてはきてるというものの、まだやっぱり海外モノのほうが選択肢は多いです。素敵なデザインで機能的にも普通に業者へ発注したら「これナンボするのん?」というくらいスゴいテーマが無料でもいっぱい見つかります。

海外産のテーマを利用するとき、なにげに困るのが翻訳問題です。完全に日本語化されているテーマはそれほど多くなく、だいたいこんな感じに一部が英語で表記されます。日本語テキストと混在している状態です。

サイト、一部だけ英語

テーマの中にはインストール後に専用の設定画面が立ち上がるものもあります。こんな感じに。完全に英語ですね。

テーマオプション 全部英語

そこで今回のプラグインが活躍します!

テーマを日本語化できるプラグイン My WP Translate

my wp translate

プラグインのインストール方法は通常どおりなので割愛します。インストールしたあとの画面がこれです。画面左下、「My WP Translate」のメニューをクリックすると現れます。

インストール直後の画面

いま着用しているテーマの名前が見えます。翻訳するには「Enable translation panel」にチェックを入れます。

翻訳可能にチェック

翻訳パネルが開きました。日本語にしたい英語を見つけましょう。その下のボックスに日本語訳を入力します。ここでは冒頭で見せた「Error 404 Not Found」を訳してみせます。

日本語を入力

入力後、試しにサイトのほうを確認してみます。なってますね、日本語に!

日本語になりました

続けて翻訳した図。日本語と英語の混在を解消できました。

全部日本語にしてみました

今度は、テーマの設定画面を日本語化してみます。翻訳したい英語を検索できます。検索後現れた翻訳ボックスへ日本語を入力します。

検索して入力

「General」が「一般設定」になりました。

一般設定も日本語に

本来ならテーマを翻訳するのは大変な作業になります。「.po」だとか「.mo」だとかいうファイルをいじくりなんとかしなくちゃいけません。テーマファイルに直接手を加えるという方法もありますね。どちらも初心者さんには難しく、おすすめできる方法じゃありません。

今回の「My WP translate」なら、誰でも簡単にテーマの日本語化へ挑めます。じつはプラグインの日本語化もテーマと同じ方法で可能ですよ。海外産で日本語化されてないプラグインも多いですよね。テーマでもプラグインでも日本語化が必要なら、ぜひ試してみてください。

明日は連載の続き書きます〜(たぶん)

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top