WordPressサイトのドメインを変更したいときの注意。データベース内のURLを書き換える

2016年4月15日
カテゴリー WordPress

WordPressサイトのドメインを変更したいときの注意。データベース内のURLを書き換える

WordPressで使用しているデータベースを対象に、特定の文字列を検索したあと一括変換できるツールを紹介します。WordPressサイトのドメインを変更したいときに便利です。

このブログで以前特集した「手動でWordPressのサーバーを移転する方法」。ドメインが変わらなければ、特に難しくなく終えられます。

でも、ローカルで開発したWordPressをネットで公開したいときや、新しいドメインで心機一転したいとき、つまり公開するURLが変わってしまうときは、データベースに対して複雑な処理をしなくちゃいけません。

コンテンツに貼り付けられた画像のURLやウィジェットに書き込まれたURL、そしてプラグインの設定に使われているURLを、古いドメインから新しいドメインへと修正するための処理です。

よくレンタルサーバーに用意されている「phpMyAdmin」というツールがあります。それを利用してmysqlコマンドをデータベースへ上述の処理が可能ですが、初心者さんにはハードルが高いでしょう。

そこで今回のツールが便利。作業的には以下の3ステップでデータベース内の旧ドメインを新ドメインへ一発修正することができます。

  • 1. ツールをダウンロード
  • 2. ツールをアップロード
  • 3. 設定画面から動作させる

何より最初にデータベースのバックアップを忘れずしておきましょう。作業の途中で不具合が生じても復旧できれば安心です。バックアップなしにデータベースの中身がぐちゃぐちゃになったら…泣きます。

1. ツールをダウンロード

ダウンロード先

ツールのダウンロードは下記リンク先でできます。リンク先に移動したら、上のボタンを見つけてクリック。バージョンは3.1です。

2. ツールをアップロード

アップロード

ダウンロード後、zipファイルを解凍します。複数のファイルを含むフォルダがひとつ生成されます。そのフォルダを丸ごと、WordPressがインストールされた環境へアップロードします。アップロードする場所は上の画像が示すようにドメイン直下でOKです。

3. 設定画面から動作させる

設定画面

「http://ドメイン/フォルダ名」へアクセスすれば、設定画面が現れます。以下は設定内容です。

1. 置き換えたい文字列(この場合は旧ドメイン)を入力します。

2. 置き換える文字列(この場合は新ドメイン)を入力します。

3. テーブルを指定して文字列の置き換えを行いたい場合は「select tables」をクリック後テーブルを選択(普通は全部のテーブルでいいでしょう)。

4. 「live run」で置き換えます。「dry run」は試し走り。こういう結果になりますよ、というのが確認できます。先に一度やっておくといいかも。

5. これで完了です。完了後は「delete me」をクリックして、このツールを削除しておきます。第三者に忍び込まれて、勝手に文字列を書き換えられると困りますから。

以上! ドメイン変更が伴うWordPressの移転に便利なツールの紹介でした。もし下記のプラグインが利用できる環境なら、こっちの方法のほうが簡単なのでおすすめです。

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top