台湾のお弁当8種類を食べながら仕事について聞かれたので答えてみた

2013年4月6日
カテゴリー 小話 旅行

前回謝謝!今回再世露四九!

前回の台湾ネタ(→台湾を海外ノマドや初めての長期滞在国として勧める理由20個)が予想外に喜ばれたみたいで今回も台湾のお話を再投下。普段、ウェブ関連の情報を期待して見にきてくれてる方々スミマセン(*´ェ`*)

前回の記事を読んだ人から同じような質問がいくつかきたので、分かる範囲で答えてみます。といっても、何の解決策にもなってないので、ちょっと珍しい台湾のお弁当でも見ながら、軽い気持ちで読んでもらえるとありがたいです。

まずはご質問から!

台湾にはどれくらいいたのですか?私も行きたい!できるだけ長く住みたいんです。仕事とか簡単に見つかるもんですか?

というのがご質問です。それでは回答をお弁当とご一緒に。

お弁当

1.チキンステーキ弁当

外国に滞在するには、ビザと呼ばれる滞在を許可する証書が必要になることがあります。これが非常に面倒で、ず〜っとこの国で過ごしたいのに!と願っても、ビザがなければ帰国しなければなりません。

台湾の場合は、旅行目的ならビザ無しでも3ヶ月間の滞在が許されてます。3ヶ月を越える場合や、仕事をする場合は、そのためのビザを申請して取得する必要があります。

僕の場合は、滞在期間をいつも3ヶ月以内にしてることと、仕事は日本から受注してるので、ビザは不要です。

2.チャーシュー弁当

「私も台湾に行きたい!」を叶えるのは簡単です。チケットを取ってしまえば今日明日中には台湾です。でも(´;ω;`)長い期間を過ごしたいとなると、さっきのビザや生活費など色々難しい問題がでてきますよね。僕もいくつかの国で、もっと居たいのにビザとお金の問題で断念せざるを得ないということがありました。あれはツライ!

なので、ぜひとも「台湾に住みたい!」という願いを叶えてもらいたいのですが、なにしろ僕自身が台湾で就職活動をしたことがなく、いまいち向こうのお仕事事情が掴めません。

前回の記事も、ノマドといって場所を問わず働ける人や、フラーッと海外に長く行ってみよーかなーという人を対象にしていたので、向こうで仕事を得て本格的に暮らしを築いていこうという人に役立つノウハウみたいのは書かれてませんでした。

だから代わりといっちゃなんですが、一人、面白い稼ぎ方をしてる女の子と出会ったので、その子の話を紹介します。まぁ特別な例にはなりますが、台湾で生活費を稼ぐヒントになればいいかなーと。

3.トンカツ弁当

友だちのヨーコちゃん(仮名)は、中国語を勉強するために留学してました。20代なので、そりゃお洒落が一番の趣味です。一目で日本人と分かる服装で、日本のファッション誌そのままの格好です。

大学では日本フリークな友だちが多く、ヨーコちゃんが来てる服や身につけてるアクセサリーがけっこう話題になったそうです。ある日、友だちの1人が日本のファッション誌を持ってきて、ヨーコちゃんに言いました。

4.フライドチキン弁当

「この服が欲しいのー!欲しいのー!」

あまりにしつこいから、ヨーコちゃんはそのページのお店にメールして、ネット経由で買ってあげたのです。買った服はヨーコちゃんの実家を経由して台湾に届き、友だちに渡りました。

喜んだ友だちは、服代+送料に何割か謝礼を乗せて支払いました。謝礼を手にしたヨーコちゃんは「お、これイケんじゃね?」と思ったそうです。

5.チキンスライス弁当

台湾には日本の雑誌がたくさん売ってます。それを一通り揃えて友だちに見せ「欲しいもの買ってあげるよ。その代わり服代(送料込み)の10%を頂戴ね」という商売を始めました。

ファッション誌に載ってる服は大抵良い値段してますよね。1万円が服代なら1000円がヨーコちゃんのお小遣いです。日本のファッショに興味がある学生は、いわゆる富裕層が多く、そういう人たちは見栄っ張りで互いの持ち物で競い合いたがるらしいのです。で、「私も私も」と注文が入り、一ヶ月5~6万円くらい稼いでました。

いわゆる買い物代行ですが、それを台湾で自然発生的に始めたという点で結構珍しいと思いました。

6.野菜弁当

台湾で月5万円は、学生のアルバイトにしてはかなりの高給です。一ヶ月の生活費を8割方は賄えるはずですよね。(ちなみにヨーコちゃんには話に出す許可はとりましたよ)

7.チャーハン

どの国でも日本人であることが足を引っ張り仕事が見つからないという話を聞きます。でも、逆に日本人であることがメリットになる職種も多いです。

ありきたりですが、日本と取引のある商社や日本語教師、日本食など。もっと頭をひねればヨーコちゃんのような稼ぎ方もできるかもしれません。

もし中国語が喋れないなら、そのないことにフォーカスせずに、持ってるもので戦う方法を絞り出してみてはいかがでしょうか?

8.豆腐弁当

台湾からだって、たくさんの人が日本に来ています。日本の物価は台湾からみて3倍です!言葉が違うのは同条件。そう考えてみると日本→台湾の方が、ちょっとは行きやすいんじゃないかなーと、まぁ比較して自分の立ち位置を探るのはよろしくないですが、自分と同じくチャレンジしてる人がいると知れば勇気がわきますよね。

まとめ

全然質問の答えになってませんでしたが、台湾での長期滞在が叶うように願ってるのはホントです!
それでは再見!!!

こちらもcheck!便利な旅行グッズを特集してます

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top