プラグインでWordPressを楽々お引っ越し!duplicatorならサーバー移転も簡単。

2014年9月5日
カテゴリー WordPress

プラグインでWordPressを楽々お引っ越し!duplicatorならサーバー移転も簡単

WordPressをお引っ越ししたくなることが、まれにあると思います。サーバーの移転やローカル環境への複製など。プラグイン『duplicator』を使えば簡単です。

サーバー移転の予定があるひとにはコチラもおすすめ
WordPress向けおすすめのレンタルサーバー5つ

WordPressの移転/バックアップ/複製に最適な「duplicator」とは?

duplicator

『duplicator』は、WordPressサイトを丸ごと複製できるプラグインです。最初にデータベースだけ用意しておけば、新しいサーバーの中は空っぽで大丈夫。プラグインが、旧サイトのファイルやデータをひとまとめに梱包し、丸ごと全部を新たな環境へ運んでくれます。

すべての準備として、まずはサイトを最新の状態にしておきましょう。WordPressとプラグインをアップグレードします。そして、万が一のためにシステムファイルとデータベースのバックアップも忘れずに。その後の流れは以下の通りでございます。

※いくつかのサイトで試してみたところ、規模が大きいサイトの場合エラーを生じやすかったです。コンパクトなサイトにおすすめの方法です。

1. プラグインを検索

プラグインを検索

今回使うプラグインは『duplicator』です。入力して【プラグインの検索】をクリック。

2. 今すぐインストール

いますぐインストール

最上位にヒットします。【今すぐインストール】しましょう。

3. プラグインを有効化

有効化

有効化後は、「duplicator > package > create new」へ移動します。

4. パッケージを新規作成

パッケージを新規作成

ここでパッケージを作成します。パッケージは「イントーラー」と「アーカイブ」がパックになってます。イントーラーは新たな環境へ現在の環境をインストールするためのプログラム。アーカイブは現在のWordPressサイトのファイルやデータの集まりです。

パッケージの作成は3ステップで完了します。「Setup(設定) → Scan(データスキャン) → Build(パッケージ作成)」の3ステップです。

5. まずはSetupから。

Setup 20140903

パッケージの名前と説明を入力して【next】をクリック。

6. Scan

スキャン中

プラグインがサイトをスキャンして状態を探ります。

7. スキャン完了

ビルド前の確認

エラーがあれば警告を表示します。「Warn」の表記が見えます。なにやらサイズの大きなファイルが見つかったようです。でも特に問題はなさそうなので【Build】をクリックして、いざパッケージ作成!

8. 完了!

パッケージ化完了

パッケージを作りました。パッケージが含む「インストーラー(installer)」と「アーカイブ(Archive)」をダウンロードします。
【All Packages】をクリックするとダウンロードできる画面へ移動します。

9. パッケージをダウンロード

ダウンロードパッケージ

クリックして【Installer】と【Archive】をダウンロードします。

10. インストーラーとアーカイブ

イントーラーとアーカイブ

ダウンロードしたインストーラーとアーカイブです。お引っ越し先のサーバーへアップロードします。僕の場合はローカル環境に複製したかったので、アップロードすることなく任意の場所へ移動させました。

移動後、ブラウザから「http://ドメイン/installer.php」を開くとインストーラを起動できます。

11. Deploy

deploy

インストールは「Deploy → Updates → Test」の3ステップで完了できます。まずはDeployから。

「host/name/user/password」を入力します。【test connection】をクリックして、うまくデータベースと接続できるかを試してます。

失敗したら、入力した情報に誤りがある可能性が。もう一度チェックしてみましょう。

12. 接続テスト

接続テスト

接続に問題なければ「Success」を表示。

13. OKなら次へ

deployする

【注意事項を承認】にチェックを入れて、【Run Deploy】をクリックします。

14. サイト情報の確認

アップデート

移転前後の設定情報を表示します。変更したい箇所があれば入力。だいたいはそのままでいいはずです。【Run Update】をクリック。

15. 完了

複製完了

最後は新たな環境にちゃんとWordPressが移転できたかどうかをテストしましょう。

  1. Install Report:インストールしたときにエラーが生じていれば傾向を表示します
  2. Save Permalinks:移転前にパーマリンクを変更してたら新たな環境でも忘れずにしておきます
  3. Test Site:サイトの挙動や表示を確かめましょう
  4. File Cleanup:インストーラーを削除しておきましょう。セキュリティ目的です。

以上です!

定期的にパッケージを作成して貯めていけば、バックアップ代わりにもできますね。復旧はこのとおり簡単です。

移転先のレンタルサーバーを検討している人には、「エックスサーバー」をおすすめします。値段のわりに、電話サポートやバックアップなど頼れる機能が充実しています。WordPressユーザーに人気のレンタルサーバーですね。

エックスサーバーの詳細を見てみる

おまけ:WordPressにおすすめのレンタルサーバー

WordPressにおすすめのレンタルサーバー

WordPressの引っ越し先として、おすすめのレンタルサーバーについて記事を書きました。WordPressを簡単に試せるレンタルサーバーだけに絞って比較してます。

「WordPressを簡単にインストールできるボタン」、「管理画面から設定できるセキュリティ」、「データの自動バックアップ」に対応しているレンタルサーバーだけを5つ比べています。移転先のレンタルサーバーを選ぶときに参考にしてみてください。

ほな、ごゆるりと〜

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top