WordPressで特定のカテゴリーの記事を画像と一緒にエクスポート&インポートしたい

Author: ウェブさえ |
2021年12月10日
カテゴリー WordPress
B!

画像はどこへ?

ウェブさえプロフィール画像

著者情報:この記事を書いた人

ウェブさえ twitter facebook 株式会社ウェブさえ 著者のプロフィール

web業界14年目。フリーランスwebデザイナーとして活動後、法人化。今でも年間100件以上のウェブサイトの企画・制作に関わっています。

今回の記事は、WordPressで、

  • 特定のカテゴリーの記事だけをエクスポート&インポートしたら、画像の表示に失敗した

という人に試してほしいプラグインを紹介します。

画像のインポート&エクスポート 失敗実例

まずは、どんな場合に今回のプラグインが役立つかを僕の実例をもってお伝えします。

これまで、いくつかのWordPressテーマについてレビュー記事を書いてきました。

各テーマを試すたびにちゃんとデモサイトを作り、カスタマイズの方法や更新のしやすさなどを実体験ベースでレビューしてます。
以下はそのまとめ記事です。

デモサイトを作るとき、いちから記事を作り込むのは面倒なので、既存サイトからコンテンツをインポートする方法を使ってます。

今回はインポートするサイトのコンテンツが多すぎました。

そのため特定のカテゴリーの記事だけを選びインポートしたのですが……

インポート後のサイトを見てみると、アイキャッチがない。

あれま! アイキャッチがないぞ

メディア項目が見つかりませんでした。

なんでだろうとメディアを覗いてみると、画像のアップが見当たりません。

おや? おかしい

記事内の画像は表示してます。

アイキャッチの表示はなかったのに記事内の画像は正常に見えてます。

記事内の画像はある

画像のソースを見てみるとドメインが違いました。

ディベロッパーツールでソースをチェック。
画像を読み込むURLがインポートもとのサイトのドメインになってました。

ドメインが違うぞ

なるほど、画像のインポートに失敗しているのがわかりました。

エクスポートしたときに、記事のソースがそのまま書き出され、画像のエクスポートがなかったことに気づきました。

というわけで、以下ができる方法を検索。

  • 特定のカテゴリーの記事だけを画像と一緒にエクスポート

見つかりました。

プラグインでできるそうです。

このプラグインで解決できた!

プラグインの名称: Export media with selected content

使ってみると、ワンクリックで望みが叶う便利で簡単なプラグインでした。

【Export media with selected content】 使い方 概要

エクスポートするとき、以下のチェックボックスをクリックするだけです。

ここをチェックするだけ

詳しい使い方は以下にまとめます。

【Export media with selected content】 使い方 詳細

1. 「Export media with selected content」を検索します。

2. プラグインが現れたら、インストール→有効化。

プライングインを検索後有効化

3. エクスポート画面へ移動後、投稿からエクスポートしたいカテゴリーを選びます。

4. 画像を一緒にエクスポートするため、チェックを入れましょう。

カテゴリーを選択、チェックを入れる

5. インポートするサイトへ移ります。【インポーターの実行を】クリック。

インポーターの実行

6. 先程エクスポートしたファイルを選択します。

ファイルを選択

7. 【添付ファイルをダウンロードしてインポートする】にチェックを入れます。

添付ファイルのインポート にチェック

以上の流れでインポートの実行を終えると、無事にアイキャッチが表示されました。
記事内のドメインも新しいサイトのURLへと置き換わったことを確認。

完璧!
非常に簡単に解決できました。

インポートする画像が多いと、最後のインポート時の画面がフリーズしたように止まります。
焦らず待ちましょう。
終わると画面が切り替わります。


以上です。

読み終わったらシェア!

B!
あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
Top
ウェブさえ
@websae2012