どうなの?カラーミーショップの無料プラン(フリープラン)が始まったみたい

2021年5月26日
カテゴリー ネットショップ作成
B!

フリープランは何が違う?カラーミーショップ

なんと、カラーミーショップで念願の無料プランが始まりました。

月額費用・初期費用ともに0円の「フリープラン」。

ぜひ使ってみたいところですが、注意点もいくつか。

  • 2021年の秋頃まではフリープランから有料プランへ切り替えられない。
  • 有料プランからフリープランへの変更はできない。
  • 月商10万円を超えるショップは有料プランのほうがお得。

また、「STORES(ストアーズ)」や「BASE」のような他にも見つかる無料のネットショップ作成サービスと比べて、何が違うのかも気になるところです。

そんなわけで今回は、カラーミーショップのフリープランについて詳しく調べてみました。

無料でネットショップを開くことを検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

無料でカラーミーショップを試してみる

フリープランと有料プランとの違い

カラーミーショップは、メールアドレスを登録するだけでネットショップを開設できるサービスです。

簡単に始められるにしては、本格的なネットショップを開くことができ、月商100万円も夢ではない、売上に役立つ機能が揃ってます。

カラーミーショップとは?
先にカラーミーショップについて詳しい使い方を知りたい人は以下の記事をご覧ください。

そんなカラーミーショップで最近始まったのが初期費用・月額費用が0円のフリープラン。

無料で本格的なネットショップを持てるなんて嬉しいですね。

でも、いくら無料でも「できること」が中途半端なら売上を上げることはできません。

そこで有料のレギュラープランと比較してフリープランでは何ができて何ができないかを比べてみました。

フリープランのメリット

フリープランでもこれはできる!

フリープランでも以下はレギュラープランと同じように利用できます。

HTML・CSSを編集できる

HTMLとCSSに手を加えネットショップのデザインをオリジナルにカスタマイズできます。

フリープランでもデザインにこだわることができるのは嬉しいですね。

独自ドメインを設定できる

独自ドメインはオリジナルのアドレスのこと。

独自ドメインの設定ができると、オリジナルのアドレスでネットショップを運営できます。

SEOの効果を得るにも顧客の数を増やすにも、同じアドレスを長く使うほど有利です。

そのためネットショップを始めるなら、早めに独自ドメインを取っておくことをおすすめします。

独自ドメインを取るなら
ムームードメインが安くてカラーミーショップとの連携もしやすいのでおすすめです。

どこでもカートが使える

どこでもカートは、ネットショップ以外の場所でも商品を販売できる機能です。

既存のホームページやWordPressで作ったブログなど、商品をアピールできる場所が多いほど売れる可能性は高まります。

メールマガジンを発行できる

メールマガジンは顧客へ発送できるニュースレターのことです。

新商品の情報、セールの情報などをメルマガで発信することで、顧客にネットショップへ足を運んでもらえるきっかけを作り出すことができます。

無料でカラーミーショップを試してみる

フリープランのデメリット

残念。フリープランはこれができない

以下の機能はフリープランでは利用できません。

どれも便利で売上にも効果的な人気の機能です。
使ってみたい人はレギュラープランを検討しましょう。

CSVの一括登録ができない

商品情報と顧客情報を大量に登録したい場合に便利なのが「CSV一括登録」です。

フリープランを検討中の人なら、CSV一括登録が必要になるほどたくさんの商品情報や顧客情報を抱えていない場合が多いと思いますが、もしこの機能を利用したければレギュラープラン以上の契約が必要です。

商品レビューを利用できない

商品レビューは、顧客から届いた口コミを商品ページへ載せられる機能です。

商品レビューは売上に大きく影響するのでぜひ利用したい機能ですが、フリープランでは使えません。

クーポンが発行できない

商品の割引や送料無料などの特典を与えられる「クーポンコード」。
これも売上に大きく影響する機能ですが、フリープランでは利用できないので注意しましょう。

フォローメールを送れない

フォローメールは、商品を買ってくれた顧客へ自動で送れるメールです。

リピーターの獲得に効果を期待できる機能ですが、フリープランでは使えません。

定期購入ができない

定期購入は、ひとりのお客さんに何度も商品を買ってもらえる販売方法です。
リピート購入が増えると利益率が高まります。

フリープランでは利用できません。
レギュラープランを検討するか、定期購入に特化したカラーミーリピートというサービスもあります。

定期購入の利点とカラーミーリピートの詳細は以下の記事で取り上げました。


以上のようにフリープランでは無料なだけにもちろん成約があります。

いくらタダでも使いたい機能がなければフリープランにこだわる必要はありません。

以下のコストも比較しどのプランを利用するべきかを冷静に判断しましょう。

無料でカラーミーショップを試してみる

フリープランとレギュラープランのコストを比べてみた

フリープランは初期費用と月額費用が無料だからといって、一切コストがかからないというわけではありません。

商品が売れたときに決済手数料がかかります。

以下は、フリープランとレギュラープランの決済手数料を比較した表です。

フリープラン レギュラープラン
クレジットカード
コンビニ払い
GMO後払い
Amazon Pay
全決済 6.6% + 30円
クレジットカード 4.0%~
後払い 4.0%~
コンビニ払い 130円~
代引き決済 280円~
Amazon Pay 月額2,000円 + 4%
楽天ペイ 月額2,000円 + 4%
LINE Pay 月額2,000円 + 3.45%
PayPay 月額2,000円 + 3.45%

このように決済手数料を比べてみるとわずかにフリープランのほうが高いです。

売上が増えるほど決済の回数は増え、月に支払う合計の決済手数料も大きくなります。

そのため月商がある金額を超えると、レギュラープランよりフリープランのほうが手数料が高くなるので注意しましょう。

以下は、月商別に手数料をシミュレーションした比較表です。

月商 0円 1万円 5万円 10万円 20万円
フリープラン 0円 1,120円 5,050円 9,850円 19,450円
レギュラープラン 5,800円 6,350円 6,500円 9,000円 14,000円
シミュレーションの方法
*1注文1,000円の売上で以下のように月のコストを計算。

フリープラン=(月商 x 決済手数料<0.06>) + (¥30 x 注文数) + 振込手数料
レギュラープラン=月額費用<¥5,800円> + 「月額最低手数料 or (月商 x 0.05)」 + 振込手数料

表でわかるように売上が10万円になるとフリープランよりもレギュラープランのほうがお得。

つまり、月商10万円以上を目標にしている人はレギュラープランを検討したほうが良さそうですね。

フリープランを契約する前の注意点
有料プランからフリープランへの変更はできません。
フリープランから有料プランへの変更も2021年の秋まではできないようです。

フリープランを契約する前に上でお伝えした「使える機能と使えない機能」、そして、目標の月商を慎重に検討した上で、どのプランを利用するか決めましょう。

無料でカラーミーショップを試してみる

カラーミーショップのフリープランと「Stores(ストアーズ)」、「BASE」を比較してみた

カラーミーショップとBASE、Storesを比較

メールアドレスを登録するだけでネットショップを作れるサービスは他にもあります。

特に無料で利用できる「STORES(ストアーズ)」と「BASE」は、カラーミーショップにフリープランが現れた今、どれを利用するか迷ってしまいます。

以下は、それぞれの無料プランで料金と機能を比較した表です。
この表を参考にどれを利用するか検討してみてください。

サービス名称 公式サイト 初期費用 月額費用 決済手数料 決済手段 サポート 商品登録 商品写真 HTML/CSS 定期購入 商品レビュー クーポン 独自ドメイン
カラーミーショップ 無料で試す 無料 無料 決済金額の6.6%+決済1件あたり30円 クレジットカード
コンビニ決済
銀行振込
GMO後払い
Amazon Pay(法人限定)
メール 無制限 4枚
BASE 無料で試す 無料 無料 BASEかんたん決済手数料(各注文ごとに)3.6%+40円
サービス利用料(各注文ごとに)3%”
クレジットカード決済
キャリア決済
銀行振込
コンビニ
paypal
Amazon Pay
メール 無制限 20枚
STORES(ストアーズ) 無料で試す 無料 無料 5% クレジットカード
銀行振込
コンビニ
楽天ペイ
キャリア決済
後払い
メール 無制限 15枚

簡単に比較するポイントをあげてみると以下のような感じになるかと思います。

「STORES(ストアーズ)」と「BASE」の使い方をもっと詳しく知りたい人は、以下の記事を用意しているのでぜひご覧ください。

もっと他にもネットショップを簡単に開設できるサービスを知りたい人は以下の記事もどうぞ。


以上です。

ネットショップを始めるのがますます簡単な時代になってきましたね。

始める人が増えるいうことはライバルも多くなるということ。

ネットショップの売上アップについて役立つ記事も書いてます。
以下のネットショップカテゴリーを覗いてみてください。

読み終わったらシェア!

B!
あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
Top
ウェブさえ
@websae2012