これは簡単!Google+ ページを10分で作成する手順

2013年4月6日
カテゴリー SNS

Googleページを10分で作る手順

「Google+ ページって何?」というのはさておき、今回はさささっと、そのGoogle+ ページを作成する手順を解説します。10分あれば、作成から、実際にいくつか記事を投稿、そして自分のWebサイトやブログと連携するところまで完了できます。

目次

1.Google+ にログインする

まずは、Google+にログインしましょう。

ログインにはGoogleアカウントが必要です。持ってない人は先に画面右上の赤いボタン「アカウントを作成」をクリックして作成してください。(アカウントを作成する方法はこちらで説明しています

アカウントを持ってる人は、下へ進みます。
メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

Googleにログイン

2.Google+ ホーム画面

ログインすると現れる画面です。
画面左、縦に並ぶメニューから「もっと」にマウスをオンすると・・・

もっとにマウスオン

ビヨーンと横にメニューがスライドしするので「ページ」をクリックします。

ページをクリック

3.ページを管理する画面

まだ作ってないので「ページはありません。」の表示。
「新しいページを作成」をクリックします。

ページを管理

4.カテゴリを選択

作成するGoogle+ ページを分類するカテゴリーを選択します。
ウェブさえは、「商品/ブランド」を選択しました。

カテゴリを選択

5.情報を追加

作成するページについて以下の情報を入力します。

  • 作成するページ:ページの名前(例:ウェブさえ)
  • 外部のウェブサイトをお持ちの場合は入力してください:もし自分のWebサイトやブログを持っていて、Google+ページとリンクして活動したい場合は入力(例:http:websae.net)
  • コンテンツの対象年齢:Google+ ページを公開する対象に年齢制限がある場合は選択

入力後は次へをクリック。

情報を入力

6.プロフィール画像の設定

カバー写真とかロゴを追加できます。
後からでも変更できるので、適当に選べる画像から選んで先に進んでも構いません。

ちなみに画像の最適なサイズはこんな感じです。

  • カバー写真:940px × 180px
  • プロフィールロゴ:250px × 250px

単位とかよく分からない、という人のために同じサイズの画像を用意しました。
ダウンロードして自由に使ってください。
最適なサイズの画像をダウンロード

画像以外には、ページの説明や連絡先を入力します。
入力後は、「終了」をクリックします。

情報を入力

7.作成完了

完成です!
ね、簡単でしょ。
こんな感じのページができあがりました。

完成後のプロフィールページ

8.メールアドレスの確認

もし、すでに連絡先としてメールアドレスを設定していたら、それが自分のものだという確認が必要です。
「確認」をクリック。画面最上部に設定されたメールアドレス宛にメールが送信されましたよ、とメッセージが表示されます。

メール確認

受信したメール本文の「確認」をクリックします。

 メール認証

その後、こんな感じの画面が出たら確認OKです。

 メール認証後

9.Webサイトをリンク

WebサイトをGoogle+ ページにリンクすれば、WebサイトへのアクセスアップやSEOなどのメリットが得られます。Webサイトやブログのオーナーは必ずリンクしましょう。

Webサイトとリンク

10.実際に投稿してみる

それでは、実際に投稿してみましょう。
ウェブさえは、自身のブログでの過去記事を投稿してみました。
タイトルと記事のURLを入力後、投稿をクリック。

投稿

続けて、いくつか投稿してみるとこんな感じに。イイネ!

ウェブさえのGoogle

11.バッジを取得

自分が運営するWebサイトやブログに設置して、ファンを集めたり、宣伝してもらえたりできるバッジを取得できます。このバッジこそがSNSを利用する醍醐味です。
スタートガイドをクリック。

スタートガイド

バッジを取得をクリックします。

バッジを取得

左側でバッジの形を設定して、コードをコピーします。
ここでコピーしたコードを自分のWebサイトやブログのソースにペーストします。

コードを取得

WordPressならテキストウィジェットを使えば簡単ですね。
ペーストすると…

ウィジェットで貼付け

ほら、こんなふうに表示されました!
これでGoogle+ ページとWebサイトの連携もバッチリです。

WordPress上のGoogleバッジ

まとめ

Google+ ページは、Facebookと比較するとユーザーが少ないですが、それでも会社や商品のこと、また、自身が運営するWebサイトやブログを多くの人に知ってもらうためには、非常に役立てられるツールです。ぜひ、作成してみてください!

こちらもcheck!ついに再開!ウェブさえのHP作成サービスはこちら

シェアしてくれると嬉しいです!(コメントも喜ぶよ

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
  • google

コメントも大歓迎!

Top