2021年の今、初心者が「無料でホームページを作りたい」ならこの作り方

2021年2月23日
カテゴリー ホームページ作成
B!

やっと見つけた!IT音痴の私でもたった1日でプロ級HPを作れる方法

もし、今日中に、プロっぽいホームページを作って公開できる方法があったとしたら?

ひとつ、お願いがあります。

あなたが「ホームページを作りたい!」、

そう思う目的を教えてください。

  • お店や会社の宣伝に利用したい
  • お客様からのお問い合わせを増やしたい
  • 名刺代わりに使いたい
  • ネット予約を受け付けたい
  • ネットショップがほしい
  • ニュースやイベントを更新したい
  • ブログを付けて情報発信したい

こうした目的があるのに、ホームページの作り方を調べるだけでどんどん時間が過ぎていってませんか?

2021年のいま、ホームページの作成で苦労する時代は終わりました。

IT技術が進化したおかげで、素人同然の初心者さんでも、ハイレベルなホームページを作れる方法がいろいろとあるんです。

今回の記事では、たくさんあるホームページの作成方法の中から「いちばん手間もお金もかからない作り方」をお伝えします。

安くて簡単といっても、作成できるホームページのクオリティは本物。

「仕事を奪われそう」とプロのウェブデザイナーが焦るくらい質の高いホームページを作れます。

もちろん、普段インターネットとメールくらいにしかパソコンを使ってない初心者さんなら、少しは勉強の必要があるでしょう。

でも、少し頑張れば、例えば、以下のようなホームページが作成可能。

どうですか?

これだけのクオリティのHPが作れるなら、パソコンへの苦手意識をなんとか取り払って、挑戦してみる価値があるはずです。

今回紹介するHPの作り方で、こんなホームページが作れます。

会社・個人事業のホームページ。

会社のHP

店舗のホームページ。

cafeのHP

ネットショップ。

ファッション系ショップ

もちろんスマホサイトも。

スマホ用サイト

こんなホームページをあなたも作ってみたくはないですか?

答えが「YES」なら、少しだけ、この記事を読み終わるまでのお時間をください。

2021年のいま、初心者さんにとっての「ベストなホームページ作成方法」をお伝えします。

ホームページを作る方法はたった2つ

あなたはどっち? 他人に任せる自分で作る
大きく分ければ、ホームページを作る方法はたった2つだけです。

  • 他人に任せる
  • 自分で作る

ホームページを他人に任せる方法

ホームページを他人に任せたいとき、利用するのが「ウェブ制作業者」です。

業者へ依頼するときの予算は少なくとも30万円は必要。

高い? 安い?

上場している大企業ならホームページに100万円以上をかけることも珍しくありません。

でも、中小企業や個人事業の場合だとホームページにかけられるのはせいぜい10から20万円くらいというのも普通です。

ただ、安すぎるHP制作業者は信用できません。

そもそも業者を利用する理由は、プロの技術と提案を頼れるから。

10万円前後の格安業者へ依頼しても、デザインはテンプレートの使いまわし、ホームページに載せる文章や写真はあなたが用意しなければいけません。

つまり、格安業者では、お金を出してもプロの技術と提案を得られないということです。

それなら、自分で作るのと同じじゃないですか?

ホームページを自分で作成する方法

ホームページを自作する方法は以下の3つがあります。

  • 1. HTML/CSS
  • 2. PCへインストールして使うHP作成ソフト
  • 3. ネットへつなぐだけで使えるHP作成サービス

3つの選択肢の中から正しい方法を選ぶことさえできれば、そのへんの格安業者よりもよっぽど質の良いHPを作れます。

1.【HTML/CSS】この方法は絶対に選んじゃだめ

HTML/CSS、ダメ絶対

ウェブデザイナーを目指さない限り、「HTML/CSS」を真面目にいちから勉強する必要はありません。

「HTML/CSS」とは以下のようなもの。カタカタと呪文のような文字列を画面に打ち込み、ホームページを作っていく方法です。

htmとは

これ見て意味がわかりますか?

見ただけで頭が痛くなる人もいるかもしれませんが、実は、HTML/CSSの初歩的な知識を学ぶことはぜんぜん難しくありません。

1週間も勉強すれば、簡単なホームページくらいなら作れるようになります。

でも、その初級レベルの知識で作れるホームページは、まさに素人レベルのホームページ。他人に見せられるクオリティとはほど遠いもの、ビジネスに使うにはお粗末すぎます。

英会話もそうですよね。英単語を少し暗記したくらいでは、商談や交渉などビジネスレベルのコミュニケーションはできません。

「HTML/CSS」も同じ。ビジネスに効果を期待できるホームページを作るには、かなり上級レベルのスキルが必要。

だからやめときましょう。

ウェブのプロを目指すわけではありません。
単に今の事業に利用するホームページを作りたいだけのあなたに、「HTML/CSS」を勉強する時間はムダです。

世の中にはもっと簡単な一般向けのホームページ作成方法があるわけですから。

2. 【PCへインストールして使うHP作成ソフト】あまりおすすめできない

インストールとか設定がわりとダルい

ホームページ作成ソフトでパソコンへインストールが必要なものの例は以下です。

  • ホームページビルダー
  • Dream Weaver

特にホームページビルダーは初心者向けのソフトとして、知っている人も多いと思います。

確かに、ホームページビルダーはDream Weaverのようにプロの現場で使われるソフトよりも使い方は簡単です。

でも、結局のところ、以下の理由でどちらもおすすめできません。

  • インストールが面倒
  • 環境設定が面倒
  • レンタルサーバーが面倒

面倒ばかりです。

パソコンで使うHP作成ソフトは最初にインストールが必要です。そのあとソフトを使うための環境設定が必要

そしてレンタルサーバーも必要

レンタルサーバーというのは、ホームページを一般に公開するときに必要なものです。
ホームページのデータを保管しておくもので、レンタルサーバーがなければ一般の人にホームページを見てもらえません。

このレンタルサーバーを用意するには専門業者との契約が必要で、契約後、あなたのパソコンとレンタルサーバーを接続するための設定も必要なんですね。

さらに、レンタルサーバーを自前で用意するということは、セキュリティへの対策も自前で必要

さて、「必要」という言葉、何回出てきましたか?

パソコンへインストールするソフトを使うときには、たくさんの必要な準備がいるわけです。

だから、やめときましょう。

世の中には、面倒が多いソフトよりももっと簡単にホームページを作れる方法があるわけですから。

次から紹介する「ネットへつなぐだけで使えるHP作成サービス」のことです。

3. 【ネットへつなぐだけで使えるHP作成サービス】簡単、無料でも使える

ネットへつなぐだけで使える

今回、イチオシのホームページ作成方法がこれです。

ネットで利用登録するとすぐに使えます。インストールもレンタルサーバーも不要です。

ホームページを作り出す前のめんどうな準備やセキュリティ対策から開放され、純粋にホームページの制作作業を楽しむことができます。

実際に、ホームページを作っていくときの使い方は以下の画像のとおり。

選んだテンプレートに対して、画面を見ながらデザインをいじくり、文字や写真を入れていきホームページを完成させます。

wix 使い方

まるでパズル感覚。これなら、できそうじゃないですか?

少し難しいのは、「どのホームページ作成サービスを選ぶのか?」です。

検索するといろいろなサービスがヒットします。

基本的な使い方はどのHP作成サービスも共通してますが、デザインや機能が微妙に違うので、選び方を失敗すると、作りたいホームページが作れません。気をつけましょう。

ということで、以下からは「ホームページ作成サービス」選ぶ方法についてお伝えしていきます。

【比較表】あなたはどれ? ホームページ作成サービスの選び方

サービスごとのおすすめポイントは下の表のとおりです。
(さらに詳しい使い方や利用者の評判はこの記事のさらに下のほうでお伝えしています)

基本的には、あなたの業種か作りたいHPのタイプに合わせて選べばいいでしょう。

サービス名称 おすすめポイント 初期費用 月額料金
グーペ お店のHP専用サービス。お店のHPにほしい機能が全部あり ¥3,000 ¥1,000〜
WIX 法人・個人の事業案内用のHPに最適。美しく信頼性のあるデザイン ¥0 無料(有料¥500〜)
ジンドゥー 超初心者向け。質問に答えるだけでホームページが完成 ¥0 無料(有料¥965〜)
ストアーズ予約 予約サイトを簡単作成。予約と共に決済システムも導入可 ¥0 無料(有料¥4,980〜)
BASE 3分でネットショップ開業。誰でも今日からショップオーナー ¥0 無料
カラーミーショップ 本格的にネットショップを事業化したいなら。目標は月商100万円 ¥3,000 無料(有料¥834〜)
Studio デザインを作り込みたい中級以上向けサービス ¥0 無料(有料¥980〜)
ペライチ 縦型1枚のランディングページを作りたいなら。 ¥0 無料(有料¥980〜)
WordPress 要レンタルサーバー。SEO、ブログ機能を重視したい人向け ¥0 サーバー代

無料プランと有料プランの違い

すべてのサービスで無料の試用期間を利用できます。気になるサービスをひととおり試してみても損はしません。

どのサービスでも無料プランの大きなデメリットは以下の2つです。

  • 広告が入れられる
  • 独自ドメインが使えない

事業用のHPに他社の広告が入れらるのは邪魔ですよね。

独自ドメインとは「オリジナルのホームページアドレス」のことです。
独自ドメインが使えないと、アドレスの一部に利用しているサービスの名称が入れられます。

アドレスに他社名が入っているのは、なんとなくでも嫌じゃないですか?

広告を消して独自ドメインを使いたい人は有料プランを検討しましょう。

それでは、本日の主役たち「おすすめのホームページ作成サービス 9個」を紹介していきます。

【発表】初心者でもプロレベルのホームページを作成できるサービス 9個

1. 【グーペ】お店のHP専用サービス。お店のHPにほしい機能が全部あり

グーペは、お店の切り盛りに忙しい店長さん向けのホームページ作成サービス。

お店のホームページに「あったらいいな」の機能がまるごと揃っています。

パソコンが苦手な店長さんでも、営業の片手間にホームページを作れるはずです。

飲食店、病院・クリニック、美容室、エステサロンなど、様々な店舗へおすすめ。ぜひ試してみてください。

グーペで「できること」の例

  • テンプレート: 飲食店やサロンなどお店のホームページにぴったりのデザインを選べます。
  • フォトアルバム: 店内の様子やお店で出している料理・サービスなどの写真をたくさん掲載できます。
  • メニューページ: 飲食メニューやサービスなどの値段を画像とともに案内できます。
  • カレンダー: イベントや定休日のスケジュールをひとめでわかる形で案内できます。
  • スタッフ紹介: スタッフのプロフィールを紹介するページを簡単に作れます。
  • 求人ページ: ホームページに求人情報を載せられます。「Googleしごと検索」にも対応。たくさんの求職者と出会えるチャンス。
  • 予約対応: ホームページ上で予約を受け付けられます。テイクアウトやイベントの予約にも対応可能。

無料でグーペを試してみる

試す前に、「グーペのさらに詳しい使い方/メリット・デメリット」を知りたい人は、以下のリンク先をご覧ください。

2. 【WIX】法人・個人の事業案内用のHPに最適。美しく信頼性のあるデザイン

WIXを利用すれば、信頼感の溢れる事業用のHPを1日で作成できます。

様々な業種に分類されたデザインテンプレートのなかからお気に入りをひとつ選び、文章と写真を入れ替えるだけ。
ホームページが完成します。

簡単すぎて世界中で大人気。いま世界で一番利用者の多いホームページ作成サービスです。

WIXは、欲しい機能を自由にカスタマイズできるので、様々な目的、規模のホームページにマッチさせることができます。

工夫の仕方で、制作業者へ何十万円も払って作るホームページと同じクオリティを自作でも実現可能。ぜひ挑戦してみてください。

WIXで「できること」の例

  • テンプレート: その数はなんと500以上も。必ずあなたのビジネスにピッタリのテンプレートが見つかります。
  • 会員ログイン: パスワードを知る会員だけが見られるページを作れます。
  • チャット機能: ホームページを訪問中のお客様とリアルタイムにチャットができます。
  • ネットショップ: オンライン販売の機能も追加可能。ホームページにネットショップの機能を追加できます。
  • 予約機能: 24時間スマホからでも予約を受け付けられます。予約時に料金の支払いを請求することも可能。

無料でWIXを試してみる

試す前に、「WIXのさらに詳しい使い方/メリット・デメリット」を知りたい人は、以下のリンク先をご覧ください。

3. 【ジンドゥー】超初心者向け。質問に答えるだけでホームページが完成

もし、すでに他のサービスを試してみて、その難しさに嫌気がさした人はジンドゥーはいかがでしょうか?

なんとホームページの自動作成機能が付いてます。

自動作成機能とは、その名のとおり、ホームページを自動で作成してくれる機能。
あなたは画面上の質問に答えるだけ。
5分後には、あなたの理想のホームページができあがってます。

あなたが、もっとも簡単なホームページの作り方を求めているなら、迷わずジンドゥーを試してみましょう。

ジンドゥーで「できること」の例

  • AIの自動作成: 質問に答えるだけで、あなたの業種と目的にマッチするホームページを作ってくれます。
  • ブログ: 日記感覚で更新できるブログの設置も可能です。
  • ネットショップ: ホームページにオンラインショップの機能を追加できます。
  • テンプレート: あらかじめ用意されたデザインテンプレートから作る方法も選べます。
  • スマホで作成: スマホ、タブレットのアプリからも作成可能。手元でHPの作成を楽しめます。

無料でジンドゥーを試してみる

試す前に、「ジンドゥーのさらに詳しい使い方/メリット・デメリット」を知りたい人は、以下のリンク先をご覧ください。

4. 【ストアーズ予約】予約サイトを簡単作成。予約と共に決済システムも導入可

すでにいくつか予約機能も付けられるホームページ作成サービスを紹介しました。

それらに対して、ストアーズ予約は、予約サイトを専門で作れるサービスです。
おまけで予約機能が付いているサービスとは別格。

予約を増やすために特化したさまざまな機能が備わってます。

ストアーズ予約で「できること」の例

  • 24時間のネット予約受付: 電話での対応と違って営業時間・休業日の影響を受けず予約に対応できます。
  • アプリ予約: お客様はアプリで予約を管理。予約の変更だけでなく、予約代金の支払いもアプリでしてもらえます。
  • 予約カレンダー: カレンダーで予約可能な日時に予約を入れてもらえます。
  • 指名予約: スタッフを指名しての予約も可能。
  • 回数券・月謝対応: 回数券を発行しての予約、月謝による予約もできます。

さすが予約専門のサービスなので、予約に関する欲しい機能は勢ぞろい。

予約システムを導入すると、予約管理の手間が減るだけでなく、予約客を増やす効果も得られます。

他のサービスで作成したホームページに対してストアーズ予約の予約機能を連携させることも可能です。

ホームページとは別に強力な予約システムがほしい方は、ぜひお試しください。

無料でストアーズ予約を試してみる

試す前に、「ストアーズ予約以外の予約システム」も検討してみたい人は、以下のリンク先をご覧ください。

5. 【BASE】3分でネットショップ開業。誰でも今日からショップオーナー

ネットショップの開業も簡単な時代になりました。BASEならわずか3分でネットショップを持てます。

ネットショップの営業について、在庫管理や顧客とのコミュニケーションなど未経験の人もいるでしょう。

いきなり大きなお金をかけてEC事業へ乗り出すのは不安だという人も多いです。

そういう人の練習台としてもBASEはおすすめ。

小さく始めたBASEのお店で、ネットショップのトラブルや危険性に関して学びながら本格的にネットショップを事業化する計画を立てるのが初心者さんには良い方法かもしれません。

まずはどれだけ簡単にネットショップを作れるか、ぜひ試してみてください。

BASEで「できること」の例

  • かんたん決済: お客様が商品購入時の決済方法をクレジットカード、コンビニ払い、後払いなどから選べます。
  • 予約販売: 販売予定の商品の予約を受け付けられます。入荷前、あるいは、受注販売の商品を売るときに便利。
  • 定期便: お客様が決まった期間ごとに商品を受け取れる方法で商品を売れます。消耗品や食料を売るのに最適。
  • テイクアウト: 飲食店のテイクアウト品の事前注文と支払いに応じれます。
  • Instagram連携: 簡単な設定でInstagram内で商品をアピールできます。SNS映えで売上アップ!

無料でBASEを試してみる

試す前に、「BASEのさらに詳しい使い方/メリット・デメリット」を知りたい人は、以下のリンク先をご覧ください。

6. 【カラーミーショップ】本格的にネットショップを事業化したいなら。目標は月商100万円

ストアーズよりもさらに本格的なECサイトを作れます。

たくさんのお客様にショップへ足を運んでもらうための集客機能、ネットショップの経験が不足する初心者さんを支援するサポートサービスなど、うまく利用すれば月商100万円以上も余裕で可能

EC事業を本気で展開していきたい人向けのサービスです。

カラーミーショップで「できること」の例

  • オリジナルデザイン: テンプレートから選んだショップデザインを作り込んでオリジナルデザインに変えることもできます。
  • ギフト設定: 名前入れ、のし、メッセージカード、ラッピングなど贈り物としての商品も販売可能。
  • スマホアプリ: 商品の在庫や発送などを手元で管理できます。
  • どこでもカラーミー: 登録した商品を簡単な設定で他のブログやウェブサイトで販売できます。
  • フリーページ: 商品販売以外のページも作成可能。ショップ紹介やアイテム特集など自由に内容を作れます。

無料でカラーミーショップを試してみる

試す前に、「カラーミーショップのさらに詳しい使い方/メリット・デメリット」は以下のリンク先をご覧ください。

7. 【Studio】デザインを作り込みたい中級以上向けのHP作成サービス

「ノーコード」という言葉が流行ってます。コードを書かずにウェブサイトやアプリを作れる、という意味です。

コードとは、HTML/CSSも含まれるプログラミング用の言語のこと。

プログラミングの技術がなくても、高度な技術で開発されたウェブサイトと同等のクオリティのものを作れる。
それが「Studio」の売りです。

Studioで「できること」の例

  • ノーコード: 難しいコードを書かず、パズル感覚で複雑なデザインでも作っていけます。
  • オリジナルデザイン: デザインをいちから作り込んでいけます。オリジナリティを追求し多彩な表現が可能。
  • アニメーション: ホームページ上の画像に動きを付けられます。
  • レスポンシブデザイン: デスクトップ、タブレット、スマホなど端末ごとの画面に合わせたデザインが可能。
  • CMS: ブログを構築していける機能のこと。ブログを簡単に更新できます。

無料でStudioを試してみる

8. 【ペライチ】縦型1枚のランディングページを作りたいなら。

縦に長く1枚で完結するページを「ランディングページ(LP)」といいます。

ペライチはランディングページを作るのに最適なサービス。

テンプレートから作りたいイメージに近いものを選び、内容を少し変えるだけで、オリジナルのランディングページができあがり。

最初の利用登録から最後の公開ボタンをクリックするのを含めたったの3ステップで完成です。

ペライチで「できること」の例

  • LPを3ステップで完成: たくさんのページは不要、トップページ1枚だけでいいならわずか3ステップで作成できます。
  • フォーム設置:LP内にお問い合わせフォームを設置できます。
  • 決済機能:LPで商品を販売することも可能。LP内でそのまま代金を回収できます。
  • 予約機能: ネット予約を受け付けるためのページを作成可。来店やイベントの予約を受け付けられます。
  • メルマガ: ランディングページで集めた顧客のメールアドレス宛にニュースレターを送信できます。

無料でペライチを試してみる

試す前に、「ペライチのさらに詳しい使い方/メリット・デメリット」は以下のリンク先をご覧ください。

9. 【WordPress】要レンタルサーバー。SEO、ブログ機能を重視したい人向け

最後はおまけです。

WordPressは、今回紹介しているHP作成サービスとは少し使い方が違います。

でも、いまホームページを作るときに無視できない選択肢なので紹介しておくことにしました。

WordPressは、レンタルサーバーへインストールして利用します。
そのあとからHPを公開し運営していく間、専門的なスキルを求められる場面が多々あります。

しかし、利用者の多いWordPressは情報を手に入れやすく、使い方を学習することには苦労しません。

できることは、今回紹介しているどのサービスよりも多く、様々なタイプのサイトが作れます。
他のサービスを試してみて物足りなさを感じたときの最終候補として選択肢にいれておくといいでしょう。

WordPressで「できること」の例

  • テーマ: テーマはWordPress用のテンプレート。テーマを変えるだけでサイトのデザインを変えられます。
  • プラグイン:プラグインはWordPress用の追加プログラム。プラグインをインストールすれば様々な機能を増やせます。
  • どんなサイトも作成可能:テーマを変えプラグインで機能を強化することでどんなサイトでも作れます。
  • ブログ: 日記感覚で簡単に更新できるブログを持てます。
  • SEO: SEOは検索経由のアクセスを増やすための対策。WordPressはSEOに有利な仕組みを持ってます。

無料でWordPressをダウンロード

試す前に、「WordPressのさらに詳しい使い方/メリット・デメリット」を知りたい人は、以下のリンク先をご覧ください。


以上のように、9つの「ホームページ作成サービス」を紹介してきました。

うまくHP制作サービスを利用すれば、素人さんでもプロレベルのホームページが作れます。

チャレンジしてみて、思い通りのホームページが作れなかったと失敗する人もいるかもしれません。

でも、その失敗の経験が無駄になることはないです。

将来的にHP制作会社を利用するときは、ホームページに関して知識がまったくないよりも少しでも自作の経験があったほうが、業者との打ち合わせをスムーズに進め、作って欲しいホームページのイメージも伝えやすくなるはずです。

一方で、ウェブ制作を仕事にしている人にとって、今回のような誰でも簡単にHPを作れる方法は脅威ですよね。

単に作るだけでなく、プラスαの価値を提供することができなければ顧客にそっぽを向かれてしまうからです。

作りたい人にとっては便利な環境になってきましたが、作ってあげてお金を稼ぐ側には厳しい時代になっていきますね。

読み終わったらシェア!

B!

ついに再開!ウェブさえのHP作成サービスはこちら

あなたにはこんな記事もおすすめ!
ん?最新情報を見逃さない方法!?
わざわざブログに来なくても、自動的にウェブさえの更新情報を受け取ることができます。「お、いいね!」と思われた人は、SNSのアカウントをフォローするか、RSSリーダーへ登録、どれでも都合のいい方法で受け取ってくださいね! しばらく休止していたウェブさえマガジンも最近再開しました。メールで受信できます。受信は無料で、いつでも解約できるので気軽に登録してみてください。
ウェブさえマガジン
  • facebook
  • twitter
Top
ウェブさえ
@websae2012